ビル・ゲイツの名言|テクノロジーが進歩しただけでは、社会の変化は起こらない

このエントリーをはてなブックマークに追加

テクノロジーが進歩しただけでは、社会の変化は起こらない。少なくとも変化を受け入れる人たちが何人かいなければ、何も起こらない。


ビル・ゲイツ の経歴

ビル・ゲイツ、ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世。アメリカの起業家、プログラマー。マイクロソフトの共同創業者。シアトル出身。高校生時代からコンピュータに興味を示しDEC(ディジタル・イクイップメント・カンパニー)でのアルバイトを経て、同じくマイクロソフト共同創業者のポール・アレンとともにソフトウェア制作会社トラフォデータを創業。その後、ハーバード大学に入学するも、休学しマイクロソフトを設立。同社を世界的企業へと成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

お客様が百貨店に求めるものとは何か。どうしたら私たちの店舗へ足を運んでもらえるか。三越や伊勢丹など個別の百貨店が生き残っていくには、たとえ目先の売上を犠牲にしても、それを考え、そこを目指すしかないのです。

ビジネスですから曖昧な直感ではなく、理詰めの判断でした。現代は、冷房器具は各家庭の必需品ですよね。しかも地球温暖化の影響で、需要がますます高まるのは間違いない。さらに省エネやエコが高らかにうたわれる時代だから、エアコンに代われるものなら注目を集める。そう考えて、扇風機しかないという結論に至りました。

語学力は単なる伝達手段。極端な話、通訳がいれば事足ります。対して、本当に重要なのは異文化理解力。転職の際、駐在経験を問う企業もあります。なぜなら、海外の仕事では、異なる宗教・慣習・価値観が日常レベルで存在するからです。大事なのは異文化を理解し、その土地に馴染む「ローカライゼーション」。そして、染まりすぎずに現地の人々を統括する「マネジメント」。2つの能力が求められています。

自分を磨かない限りは、お客さまからは決して褒められない。

社長になって1年5か月、仕事自体は大きなやりがいを感じており、転職自体は正解だったと思っています。お客様にご満足いただける製品とサービスをきちんと提供し、社員全員がレノボで働くことを誇りに思う会社にする。それが私の新たな目標です。

松下幸之助さんは80歳になっても、新しいことや、より優れたことをどう成し遂げようか、常に見極めようとしていました。大抵の人は、40歳で成長が止まってしまいます。学ぶことに心が開かれていれば、優れたモデルを、ライバル企業からさえ見つけることができます。

小学生の時に麻雀を覚えまして、中学の時にはひとかどの腕前でした。腕ってそんなに違わないんですよ。勝つために一番重要なのはまわりを見ることができることです。自分の「手」を作ることにこだわりすぎると、思わぬ伏兵にドカンとやられる。相手のどの位置から何を出してくるのか、どういう順番で切ってくるか、牌を上に向けるか下に向けるか、全部見てるんです。そうすると相手の手の内がすーっと見えてくるんです。

ページの先頭へ