ビル・ゲイツの名言|大波が来たら乗る

このエントリーをはてなブックマークに追加

とてつもない大波が来れば、それに乗りたくもなるさ。


ビル・ゲイツ の経歴

ビル・ゲイツ、ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世。アメリカの起業家、プログラマー。マイクロソフトの共同創業者。シアトル出身。高校生時代からコンピュータに興味を示しDEC(ディジタル・イクイップメント・カンパニー)でのアルバイトを経て、同じくマイクロソフト共同創業者のポール・アレンとともにソフトウェア制作会社トラフォデータを創業。その後、ハーバード大学に入学するも、休学しマイクロソフトを設立。同社を世界的企業へと成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

すべてをリーダーが支配し決めるような体制では、迅速さに欠けることになり、危機を乗り切ることは到底できません。短期と長期の処方菱を定めたら、現場に権限を委譲します。

やるしかない状況なら、悩むことはありません。禁煙をするには、ライターや灰皿など、タバコに関するものをすべて排除するのが良いと言われています。タバコを吸えない環境を作るのです。同じことが、仕事にも当てはまります。目の前のことに集中するしかない状況を作り出せば良いのです。

社外取締役は、いわば私の上司。自分より大きい会社の経営者だったりしますから。甘いことを言ったらバカにされる。

コムトラックスは坂根さん(坂根正弘会長)が経営企画室長で、私が情報システム本部長のころ、坂根さんから「若いやつのいいアイデアがある。これはITだからお前が面倒見ろ」と言われたのが始まりです。はじめはあまり上手くいかなかったのですが、坂根さんから「これは絶対ものになる。カネをかけていいから、採算を度外視してもやれ」と厳命されて、とにかく標準装備にすることを前提に開発を急ぎました。いま思うと、標準装備にすると開発の動きが早くなります。それを後押しするのはやはりトップの決断なんです。

「やる気がないときでもできる作業」を準備しておくことが重要です。やる気が出ないからといって、何もせずに時間が過ぎてしまうのが一番よくないことです。

会社を経営していると、思わぬ外部環境の変化に戸惑うことがあります。しかも、そこで対応を誤ると、取り返しがつかなくなることも少なくありません。しかし「変化はチャンス」でもあり、上手に生かせれば業務拡大にもつながります。

営業というのは、自分のマーケットの中でダイヤモンドのような人脈にどれだけ短い時間で到達するかの競争。

願望を達成するためのポイントは「達成する前に目標を変えること」。大学時代、僕はプロ野球選手になることが目標でしたが、大学2年で五輪代表に選ばれた時点で、100%プロ野球選手になれると確信した。そこで、目標を変えたんです。プロで活躍できる選手になることに。プロになることが目標だった選手は、入った途端、達成感からか成績が出ないケースが多い。でも、僕は達成するぐらいの力がついたと思った時点で、もう一段高い目標を立てる。すると、モチベーションを落とすことなく、準備を意識し、スムーズに次の目標に向かうことができます。

経営理念は、失敗して弱気になったとき、いままでのやり方が間違っていたのかなと迷ったときの「道しるべ」になります。また、それを従業員や家族と共有しておけば、ひとりで悩みを抱え込まず、アドバイスや意見を求めることもできるでしょう。起業には、周囲の家族の理解と支えが必要不可欠です。

世界には沢山の人がいて、インターネットでつながっているんですから、発信すれば誰かが見つけてくれる。

ページの先頭へ