ビル・ゲイツの名言|顧客に提供すべきもの

このエントリーをはてなブックマークに追加

我々は、顧客がこれまで学んできたものや投資してきたものと互換性があり、しかも使い方が極めて単純なものを提供することが大事だと考えている。


ビル・ゲイツ の経歴

ビル・ゲイツ、ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世。アメリカの起業家、プログラマー。マイクロソフトの共同創業者。シアトル出身。高校生時代からコンピュータに興味を示しDEC(ディジタル・イクイップメント・カンパニー)でのアルバイトを経て、同じくマイクロソフト共同創業者のポール・アレンとともにソフトウェア制作会社トラフォデータを創業。その後、ハーバード大学に入学するも、休学しマイクロソフトを設立。同社を世界的企業へと成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

いくらいいものを作ってもそれだけでは適正な価格では売れない。

企画書を作る前にひたすら頭を絞り、「これだったら大丈夫」というところまで考え抜く。そこまですると、企画書を作るために時間をかけられなくなります。ですから、作ることに時間をかけている時点で、その企画書は通らない可能性が高いですね。

我々が預かっている資本には限りがありますから。それを有効活用するには、相対的に重要性が下がったものはやめて、次の成長を担う分野に乗り換えなければなりません。

脳内の視床下部にある「視交叉上核(しこうさじょうかく)」というところに位置する体内時計は、睡眠だけでなく、体温の変動やホルモン分泌のリズムも司っています。夜更かしをしたり休日に寝坊したりすると、睡眠リズムと他のリズムが同調しなくなり、身体全体のリズムが狂ってしまいます。同じ睡眠時間を取っていても、リズムがずれると睡眠の質が下がり、より多くの睡眠時間が必要になることが実験でわかっています。

経営者は夢を語るのが大事。

取材で断片的な情報を得ることをいくら繰り返しても、その業界の専門家には絶対になれません。作家の取材は自己満足に過ぎないんです。小説で最も大事なのは情報ではなく、登場人物のリアリティなんです。

短い睡眠時間でも睡眠の質を高めるには、「睡眠リズムを守る」ことが重要なポイントになるでしょう。睡眠リズムを崩さないようにするコツは、「起床時間を一定に保つ」ことです。

ページの先頭へ