ビル・ゲイツの名言|ユーザーが原理を気にしなくても使えるようにすることの大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーザーにはプロトコルっや略語を覚える気はないから、そうしたものは隠してしまわなければならない。ソフトをインストールすること自体、意識させないようにしなければならない。ユーザーにはインターネットの散歩を楽しんでもらえればいいのであって、その裏で行われているコードの確認作業を意識させてはならない。


ビル・ゲイツ の経歴

ビル・ゲイツ、ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世。アメリカの起業家、プログラマー。マイクロソフトの共同創業者。シアトル出身。高校生時代からコンピュータに興味を示しDEC(ディジタル・イクイップメント・カンパニー)でのアルバイトを経て、同じくマイクロソフト共同創業者のポール・アレンとともにソフトウェア制作会社トラフォデータを創業。その後、ハーバード大学に入学するも、休学しマイクロソフトを設立。同社を世界的企業へと成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

企業の経営統合で何より怖いのは、ひとつの企業の下に2つの企業文化が根づくことです。いびつな環境が統合後の社風となれば、それこそ改革は難しい。

ライブの前っていっぱい練習するんだけど、別に失敗してもいいんだよ。最悪、やり直せばいいんだから。「ごめん! ちゃんとやりたいからもう1回やるわ」って。

「経営者の才能は先天的な資質である」と主張する方がおられます。しかし、私はその立場を採っていません。いろいろな経営者の方とお話させていただくと、むしろ「経営者は育つ」とい意見のほうが多い。そもそも社会人になる20代の前半から経営者としての能力がフルセットある人などいるでしょうか。皆、血ヘドを吐くほど修羅場の経験を積みながらスキルをだんだんと学び覚えていくうちに、立派な経営者になるのです。

環境が悪い時には製品力の向上やコスト削減など内部で地道に努力すればいい。そうすれば環境が改善した際に一気に大きな力を発揮できる。

売るべき商品、カルピスはできた。しかし私には販売ルートがない。いくら製品が良くても販売ルートが弱ければどうしようもないということは、ラクトー・キャラメルの失敗で身に染みていた。そこで、当時、食品問屋では日本一だった国分商店と交渉することにした。

手帳に「自分の考え」や「将来の希望」「元気をもらった言葉」などを書いては読み返すようにしていたら、そのうち手帳を開くのが楽しくなってきました。それだけではなく、頭が整理され、やる気が出てくるのです。手帳にこんな効果があるとは自分でも驚きでした。

経営者としてお客様とコミュニケーションする方法として、4つのアプローチを試みました。

  1. お客様の多い朝、昼、夕の時間帯を見計らい、ロビーに立ってお客様と会話を持つ。
  2. アンケート用紙から満足度調査をする。
  3. 現場の社員と話をする。
  4. 直接お手紙などで頂戴するお客様からの苦情の検証をする。

これらを通じて、次なるアクションを考えたのです。

ページの先頭へ