ビル・ゲイツの名言|大きな挑戦を好きになることの大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

いまは少しばかりの失敗をする余裕はあるし、新しいことをどんどん試すことを求められている。将来には様々な可能性が開けていて、株主は売上と利益が成長し続けることを期待している。だから、大きな限界に挑戦しなければならない。我々にはその能力があるし、そうすることを期待されている。それに、我々は大きな挑戦が好きなのだ。


ビル・ゲイツ の経歴

ビル・ゲイツ、ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世。アメリカの起業家、プログラマー。マイクロソフトの共同創業者。シアトル出身。高校生時代からコンピュータに興味を示しDEC(ディジタル・イクイップメント・カンパニー)でのアルバイトを経て、同じくマイクロソフト共同創業者のポール・アレンとともにソフトウェア制作会社トラフォデータを創業。その後、ハーバード大学に入学するも、休学しマイクロソフトを設立。同社を世界的企業へと成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人は成長するための努力をやめてはならない。成長するのをやめたとき、つまり現状に甘んじた瞬間から、衰退がはじまってしまうからだ。どんなに物事が思い通りに進んでいようとも、その状況が永遠に続くことなどありえない。常に次を見据えて、備え、行動を起こしておく必要がある。

日本企業に求められているのは経営人材です。スキルをもった「グローバル担当者」も大事ですが、順序が違うのではないでしょうか。

目標は大きくなくても構いません。短期的な業務の場合でも、「どうしたいのか」という目標を明確にするだけで、集中できます。

縁というのは、10人いれば10人平等にやってきます。「縁がない」という言葉がよく使われますが、それは縁を結ぶ原因がないからです。日々の努力でその原因となるものを、あなたは作っているでしょうか。

「2:6:2の法則」というのがあります。2割が反対して、6割が無関心でも、2割の賛同者があれば組織は変わるというものです。改革を始めて3年くらいたったとき、ある部長にこう言われました。「会議で部下に話していてハッと気づきました。自分は社長と同じことをしゃべっていると」。以前は反対派の急先鋒だったこの部長の言葉を聞き、改革の成功を確信しました。

現在のように変化が激しい環境では有能なリーダーが自分の経験に基づいて決断を下しても、経験した時点とは状況が変化しており、「ちょっと前なら正しかったが……」という事態が頻繁に起こる。従業員の話を真摯に聞かないでいると、顧客や市場の変化に気付くのが遅れ、打ち出す方向性にズレが生じやすくなる。その点、聴く力に優れたリーダーは環境に変化が生じても素早く察知することができ、方同性を間違えるリスクが少ない。「話を聞いてもらえた」という気持ちから、従業員のコミットメントも引き出しやすい。

あなたが一生懸命質問している時には、一生懸命聞かなければ失礼だと思っている。(言葉が)わかる、わからないの問題ではない。

【覚え書き|外国人インタビュアーへの言葉】

日本人の場合は特に、「質問するのは、相手を非難していると取られるのではないか?」という恐れもあるため、質問すること自体が苦手です。そのため、「ここだけ一点、質問です」と前置きを言ってから質問を始めると、だいぶ気が楽になります。

生徒はそれぞれ異なる資質や可能性を持っており、当然、目標が違えば学習内容は変わります。また、積極的な指導がよいのか、質問を待つ指導が伸びるのか、最適な指導スタイルは人それぞれ異なります。よって誰もが共通に持つ生徒の可能性を明らかにし、どのような指導が目標達成に適しているのかを生徒一人ひとりの立場で考え、個別カリキュラムをつくります。

イントラネット(企業内ネットワーク)で情報を共有することはもちろん、会議室もガラス越しでオープンにしたり、私を含めた役員も役員室などを設けず大部屋で従業者と共に仕事をしています。机もフリーデスクにし、どこでも仕事ができるようにしています。オープンな環境で仕事をし、イントラネットで情報を共有する環境を整えているのです。

ページの先頭へ