ビル・ゲイツの名言|アイデアを見逃さないことの大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

我々には、偉大な大物たちが見過ごしてしまったアイデアがあった。我々は常に、トップの座を守るために必要なアイデアを見逃しはしなかったかと考えている。


ビル・ゲイツ の経歴

ビル・ゲイツ、ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世。アメリカの起業家、プログラマー。マイクロソフトの共同創業者。シアトル出身。高校生時代からコンピュータに興味を示しDEC(ディジタル・イクイップメント・カンパニー)でのアルバイトを経て、同じくマイクロソフト共同創業者のポール・アレンとともにソフトウェア制作会社トラフォデータを創業。その後、ハーバード大学に入学するも、休学しマイクロソフトを設立。同社を世界的企業へと成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

僕自身、広告のプロであろうとして、商品を売りたいという企業の希望を叶えることに徹した時期もありました。でも最近は、それだけではつまらないし、「志」みたいなものがない仕事はやる気がわきません。

この人は自分たちの価値観をわかってくれる、と感じてもらうことが大切。

文章そのものについては必ずしも流暢である必要はありません。むしろ稚拙でもいいくらいです。文章で人に動いてもらうためには、こちらの思いを伝えることが何より大切なので、あっちへ行ったりこっちへ行ったりしつつ、たどたどしく書いた方が伝わりやすい。たどたどしい文章の方が本気だという雰囲気が出ることもあります。語弊を恐れずに言えば、文章が下手な人の方がいい手紙を書けるのかもしれません。

生産能力も限られているのであらゆる部品を闇雲に供給するわけにはいきません。経営者の姿勢などを見て、「このメーカーはこれから伸びる」と見当をつけ、付き合っていく相手を絞り込むことも今後は必要になる。部品メーカーとしては、この「見極める力」が重要になるでしょう。

公開前に、どんな宣伝のデザインにして、どんなスチールカメラマンに入ってもらって、どんな言葉を載せたら面白くなるか、なんてことは割と考える方です。お客さんは、宣伝を見てから映画に行くのかどうかを決めるのだから、そこまで含めて自分の作品ではないかとも考えています。

広告を作る人間にありがちな勘違いがあります。消費者より自分の方がセンスがいいと思い込んでいて、マーケットをリスペクトしない。作者はテレビを見ている人たちをもっと信頼し、そのインテリジェンスに期待すべきだ、とずっと思っていました。

製品が持つ本質的な価値に軸足を置き、ブランドを育成する方法は時間がかかります。イタリアの歴史ある建築物は、ひとつひとつ石を積んでしっかりした基盤を作ってあります。ブランドも同じです。しっかりした基盤をつくることが強いブランドを育てます。

ページの先頭へ