ビル・ゲイツの名言|時間を無駄にしている暇はない

このエントリーをはてなブックマークに追加

たとえばミーティングがあるときには、話すことをきちんと考えていく。世間話はほとんどしない。とくに気心の知れた仲間とのミーティングではね。どこの清算が遅れていてどの経費が高すぎるとかを話し合って、話が終わればそれで終わりにする。1日24時間では処理しきれないほど難問があるのだから、無駄にしている暇はない。


ビル・ゲイツ の経歴

ビル・ゲイツ、ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世。アメリカの起業家、プログラマー。マイクロソフトの共同創業者。シアトル出身。高校生時代からコンピュータに興味を示しDEC(ディジタル・イクイップメント・カンパニー)でのアルバイトを経て、同じくマイクロソフト共同創業者のポール・アレンとともにソフトウェア制作会社トラフォデータを創業。その後、ハーバード大学に入学するも、休学しマイクロソフトを設立。同社を世界的企業へと成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私も高級化粧品の営業をやっていたときに、「他社製品と成分は同じなのに、なぜうちだけ高いのだ」と悩んだ時期がありました。でも、よくよく考えてみると、その会社のブランドは他社に真似できない部分であり、そこに惹かれて買ってくださるお客様も大勢いました。そのことに気づいてから、急にお客様の反応がよくなり、成績もぐんぐん伸びました。自分の心のありようで、相手があなたに抱く印象も大きく変わります。

社長就任後は縦割り意識の強さが気になっています。当社には水処理の装置と薬品という2本の柱があります。一度の受注額が大きい前者と、顧客先で長期にわたり問題解決に当たる後者では文化が異なります。目先の利益を追った部門最適を避け、企業としての総合力を引き出していく考えです。

当社の女性社員比率は30.3%と、全国平均の20.1%より高い状況にあります。それゆえ、女性社員に能力を発揮してもらうことは特別なことではなく、むしろ必然のことなのです。

今後もいろいろと環境変化はあると思いますが、「住友ゴムWAY」を確実に実践すれば目標には到達できる。そう考えています。

ブレイクスルーするまでの道のりは長く苦しいものです。なかなか成果が出ないと、「こんな仕事に何の意味があるのか」と迷いが生ずることもあるでしょう。もっと楽な道があるのではと、他に目移りすることもあるかもしれません。迷う暇があったら、目の前の仕事に全力を尽くす。誰もがそうやって続けていくうちに、自分の強みに気づき、強みを伸ばしていくのです。

研修スタッフや講師の姿勢は、そのまま受講者に伝わるものです。もちろん、階層教育などで役員や上級管理職者が行う「講話」も同様です。

GMOが生き残れたのは、素晴らしい仲間たちの支えがあったからです。

投資のカネをつける、人を振り向けるだけでは足りません。ことあるごとにスピーチで話したり、デバイスメーカーとの交渉にトップ自ら乗り込んだり、あらゆる手を尽くしてやる気を示し、会社の協力体制を作る必要があります。

21世紀の日本の産業構造は、現場の努力の積み重ねの中から姿を現すのだろう。「現場の能力構築なくして産業なし」である。

アクサの成功事例を分析するならば、やはり多様性をいち早く認めたことにあるのではないかと思います。グローバルに事業を展開する中で、価値観や精神、他人を敬う心を共有し、日々精進して意義のある事業を成し遂げよういう強い意志を共有する。これが大前提です。文化や育ってきた背景の違い、また人生における嗜好の違いは「成功の助け」となるのです。

ページの先頭へ