ビル・ゲイツの名言|人生は面白い

このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中は、最大級の出来事に満ち溢れている。私はしょっちゅうそんなことにぶつかっている。まったく信じられないくらいだよ。過去の出来事の凄さはすぐ忘れるものだから、私は聞いたこともないようなバカな話にぶつかっているわけだ。だから人生は面白い。ひとつの頂点を極めても、頂点はまだまだいくつもあることがわかっているからね。


ビル・ゲイツ の経歴

ビル・ゲイツ、ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世。アメリカの起業家、プログラマー。マイクロソフトの共同創業者。シアトル出身。高校生時代からコンピュータに興味を示しDEC(ディジタル・イクイップメント・カンパニー)でのアルバイトを経て、同じくマイクロソフト共同創業者のポール・アレンとともにソフトウェア制作会社トラフォデータを創業。その後、ハーバード大学に入学するも、休学しマイクロソフトを設立。同社を世界的企業へと成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

僕の場合、ひらめきが得られるのは、体を動かしているときと、さまざまな職業や年代の人と会話しているときです。

ビジネスを含めて、何かが起こればそれはチャンスに転換できます。

企業としては、いち消費者の小さな声が、企業を揺るがす可能性があることを頭に入れるべきでしょう。

個人で出来ることなんて、大きなブームにはなり得ない。個人の働きなんて、たかがしれている。

節約ばかりでは、ますます貧乏になるばかり。限られた貴重なお金を、いかに「生き金」として賢く遣うことが出来るかどうかが、お金持ちと貧乏人の分かれ道。

仕事も、無心で取り組むことができたとき、「守破離」の「離」に達するのではないでしょうか。

お客さまからの絶対的な信頼と技術力が、当社の最大の強み。

どうせ終わりが来るなら早く死んだ方が楽といって自決する気にもならなかった。やってみなくちゃわからないんだから。

クリエイティブな人間は、会社の組織の中ではなかなか育てられません。計画や企画の立案というのは教育可能な分野ですが、人心掌握やクリエイティブなものの考え方は人為的に養成することは難しいのです。マニュアル通りに行動すればいいようなことは誰にでも教えられますが、いざという事態に直面したときに自由自在な発想ができるというのは、天性のものであるだろうし、幼児期からまだ比較的人格が形成される前、すなわち大学を卒業するまでの間くらいの人生体験から生まれてくるものではないでしょうか。

パソコンはいまや仕事に欠かせません。でも、一方で、無駄の温床でもあると思います。パソコンの前に座っていたら、時間がいくらあっても足りません。仕事をしているフリができてしまう。上手く折り合いをつけながら、そのようなツールと付き合っていく必要があります。

ページの先頭へ