ビル・ゲイツの名言|報酬は貢献の量による

このエントリーをはてなブックマークに追加

良い結果に報酬を与えるということは、裏を返せば、貢献の少ない従業員には厳しい目を光らせる、それも効果がなければ配置替えを考えるということだ。従業員には、仲間との連帯を重視し、自分の役割を果たしていない人間には何らかの措置がとられることを理解してもらわなければならない。


ビル・ゲイツ の経歴

ビル・ゲイツ、ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世。アメリカの起業家、プログラマー。マイクロソフトの共同創業者。シアトル出身。高校生時代からコンピュータに興味を示しDEC(ディジタル・イクイップメント・カンパニー)でのアルバイトを経て、同じくマイクロソフト共同創業者のポール・アレンとともにソフトウェア制作会社トラフォデータを創業。その後、ハーバード大学に入学するも、休学しマイクロソフトを設立。同社を世界的企業へと成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「人間とは社会的な存在である」という言葉がありますが、ビジネスにおける人の能力も、まさに社会的なものではないでしょうか。学歴やIQの高さといったことは、それほど関係がないように思います。何よりも、自身が身を置いてきた環境によってこそ、能力に大きな違いが出てきます。地頭とはそういうものだと私は考えています。

現場力がないと直観力がなくなる。直観力がないとジャッジなんてもう屁理屈になっちゃうんですよ。

母は、貧乏であることで卑屈になることは全くありませんでした。母はどんなときでも、いつも堂々としていました。だから不思議と私は、貧しいことをつらいと思うことは一度もありませんでした。貧しいときこそチャンスだ、とさえ思うようになりました。

ピンチを脱するというより、ピンチにしないように早めに手を打っているんです。数字を毎日細かくチェックして、ちょっとした変化を見逃さないようにしているのもそのためです。致命的な傷になってから治すのは、本当にしんどいですから。逆に、手術が必要になる前に、注射レベルで治る段階で早めに治療しておけば、それほど苦労しないで済むんです。

人生を左右するような大きな選択で悩み、決断することで、人はどんどん成長していく。だから、考えること自体は決して悪いことではない。

人間は個人としては微力な存在でも、集団になってみんなで協力し合ったり、集団同士が連携したりすると、単なる足し算では計算できない大きな力を発揮する。

様々な属性を持った人が集まったチームで課題の設定から解決までを行うためには、もはや一人のリーダーが全員を率いていくようなリーダーシップではなく、チームメンバー全員でチームを動かしていく形のリーダーシップが必要になってきている。

ページの先頭へ