松本徹三の名言|最悪の事態を想定しておくことの大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

職を失った場合に備え、日々の生活費をいくらに抑えられるか計算したこともあります。最悪時の覚悟を固めることは、失敗への恐怖心を和らげ、新しい挑戦を続けることにも役立ちます。


松本徹三 の経歴

松本徹三、まつもと・てつぞう。日本の経営者。京都大学法学部卒業後、伊藤忠商事に入社。主に営業畑で活躍し、海外に11年駐在(韓国に2年、米国に9年)。伊藤忠米国法人上級副社長兼エレクトロニクス部長、伊藤忠東京本社通信事業部長、マルチメディア事業部長、宇宙情報部門長代行などを務めたのち退社。コンサルティング会社ジャパンリンクの設立を経て、米国クアルコム社から要請を受けクアルコムジャパンを設立し社長を務める。その後、クアルコムジャパン会長、米国クアルコム上級副社長を経て、ボーダフォン日本法人の執行役副社長に就任。ソフトバンクモバイル取締役副社長などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

新着Tweet


おすすめ名言


ページの先頭へ