菊地哲の名言|失敗は早く処理する

このエントリーをはてなブックマークに追加

システム開発は失敗がつきものです。失敗を長引かせると、顧客との関係に影響してしまいます。早く処理すれば、健全な事業の比率が増えて利益も自然とついてきます。


菊地哲(経営者) の経歴

菊地哲、きくち・さとし。日本の経営者。伊藤忠テクノソリューションズ社長。東京大学法学部卒業後、伊藤忠商事に入社。エネルギー総括部に配属。イギリスに6年、オマーンに4年の駐在を経て、業務部長、常務取締役、生活資材・化学品カンパニープレジデントを務める。その後、伊藤忠テクノソリューションズに移り社長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

大失敗して成果がゼロでは困りますよ。でも、すべてを完璧にやろうなどと考えるからプレッシャーやストレスが生まれる。

人間、失敗を経験したほうがより成長します。失敗を恐れずに自分の考えを主張し、途中失敗しても最後に成功したら、「ほら、上手くいったでしょう」と胸を張ればいい。私自身、そうでした。

できる営業マンは、どんなことがあっても、簡単にはあきらめません。失敗とは、失敗を自分が認めたとき、初めて失敗になるのですから、自分がそのお客様のことを考え続けているかぎり、可能性は残されています。

頭のいい人というのは、物事を予想できる人のこと。そうなるにはたくさん失敗しなければならない。

たしかに、NGは「OK」ではないから、「ノーグッド」です。でも、「OK」になるためのNGだから。失敗と言えば、失敗かもしれないけど、こだわって落ち込んでへこんでいるヒマはないですよね。

失敗してもそれを認識して行動し、また失敗しても最後までやる。それを早くやれば、絶対に成功する。

失敗しないような仕事ばっかりやっていたら、新しい技術が身につかないから、会社は伸びないし、いい仕事も来なくなる。

ページの先頭へ