岩片和行の名言|スタッフの言い分もしっかり聞くことの大切さ

スタッフのミスも頭ごなしに叱ることはしないで、そのスタッフの言い分もしっかり聞くようにしました。部下からの信頼を得て、それをもとに彼、彼女らの仕事の質を上げていくためには必要なことだと思います。

岩片和行 の経歴

岩片和行、いわかた・かずゆき。日本の経営者。エアアジア・ジャパン社長。東京出身。早稲田大学法学部卒業後、専門商社に勤務。海外駐在員として勤務したのち、全日本空輸(ANA)に入社。同社で経営企画室主席部員、運航本部乗員業務部主席部員、アジア戦略室長などを務めた。アジア戦略室長時代、エアアジア・ジャパンの設立に関わり、初代社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

上司が叱ることができないから「話し合いましょう」「よく説得して」と別の手段を持ち出すことになるわけです。しかし、叱ることと話し合うことや説得することは、まったく違います。叱るというのは最後の手段です。その前に、「教える」「注意をする」というステップを踏んでいます。そのうえで、部下が何回注意されても直さない。たとえば、いくら言っても遅刻を繰り返す。そういうときに、上司は頭に来るわけです。感情を込めて「何やってるんだ、お前!」と怒るのです。本当はそうすることは自然です。

染谷和巳の名言|叱る、話し合う、説得するはそれぞれまったく別物


部下を叱責しなければならない場合には、原因を感情的に問い詰めるのではなく、一緒に原因を探るという姿勢が重要になります。「何で遅刻したんだ?」「どうして納期に間に合わなかったんだ?」という疑問文は部下のためではなく、自分の怒りを発散させるための言葉です。

村上力の名言・格言|叱るときは、一緒に原因を探るスタンスで


「よくそんなことを思いつきましたね」と言われますが、僕は逆に「何で常識に従うんだ」と叱るんです。人と違うことをやろうと考えているんじゃなく、どうすればお客を喜ばせられるかを絶えず考える。すると常識を壊さなきゃいけなくなるってことなんです。

高橋がなりの名言・格言|何で常識に従うんだ


部下を叱るときは、自分の感情を落ち着かせるために少し時間を置いたり、場所を変えたりするとよいでしょう。紙に書きながら話すのも効果的な方法です。話のポイントを書いて、相手に見せながら、「私はここが問題だと思うんだけど」と話すことで、冷静に話ができます。

吉田幸弘の名言|部下を叱るときは冷静になってから


ミスやクレームが発生したとき、いかに早く報告させるか。そのためには、「早く報告して良かった」という実感を部下に持たせることが大事です。結果だけを評価して、頭ごなしに失敗をなじる。これは最悪の対処法です。ある部下が、トラブルを未然に防げなかったとします。でも、報告してもろくに経緯も聞かずに怒られるだけだと思い、しばらく取り繕って隠していた。そして、問題は日増しに大きくなって……。不祥事が生まれる典型的なパターンです。

桑畑英紀の名言|頭ごなしに部下を叱ることは不祥事の温床となる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ