酒巻久の名言|同僚や上司の観察ノートをつける効用

このエントリーをはてなブックマークに追加

私はキヤノンの課長時代、観察ノートというものをつけていました。「3月3日、今日は朝からA部長の機嫌が悪い重要な会議がある日は、どうもA部長は心に余裕がなくなるようだ」といったように、上司や同僚や部下の様子を観察して、気が付いたことをメモしていたのです。これを続けていると、人間への観察力が高まるとともに、周りを巻き込んで仕事をする際に、どういう接し方をすれば彼らがその気になってくれるか、接し方の急所がつかめます。


酒巻久 の経歴

酒巻久、さかまき・ひさし。日本の経営者。キヤノン電子社長。栃木県出身。芝浦工業大学工学部卒業後、キヤノンに入社。研究開発部門でVTR、コピー機、ファックス、ワープロ、PCなどの開発に携わり大きな実績を残す。その後、キヤノン電子社長に就任。経営改革でキヤノン電子の利益を5年で10倍にした経営者。主な著書に『椅子とパソコンをなくせば会社は伸びる!』『キヤノンの仕事術』『会社のアカスリで利益10倍! 本当は儲かる環境経営』『最新 情報漏洩防止マニュアル』『企業情報漏洩防止マニュアル』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私が彼と会ってお喋りができたなら、彼の中に興味有るところと人間のいたわり合う気持ちを見出すことだろうと請け合う。というのも私は嫌いな人とまだ会ったことがないからだ。あなた方が人と会うとき、どんなに先入観を持っていたとしても、彼等に会ってその観点や人間性を見た後では、彼等全ての中に多くの良いことを見出すことができる。
【覚書き:上記はソ連の政治家トロツキーについて語った言葉】

卒業間近になったとき、非常に印象的な言葉を教わりました。相手をインスパイアするために有効なコミュニケーションの方法の第一は、まず相手の言葉を聞くこと。第二は、自分自身が情熱的に生きていることだと。自分に情熱がなかったら、相手がインスパイアされることなんてあり得ないのだと教わりました。
【覚書き|アメリカのコミュニケーション学校のデール・カーネギー・スクールに通った当時を振り返っての発言】

お前の本当の腹底から出たものでなければ、人を心から動かすことは断じてできない。

人は他人の自慢話は話半分で聞くけど、第三者が褒めると信用するものなんだ。

女優の方が嫌われることを恐れる。一方私は、それを大いに楽しんでいる。

いくら丁寧な言葉を使っても、マニュアル通りの対応では慇懃無礼の印象を与えるだけだろう。お客様に不愉快な思いをさせれば、企業のイメージも傷つく。心のこもった温かみのある対応が不可欠である。

人たらしになりたいなら、些細な点ほど敏感になることをお勧めする。つまらない冗談にもちゃんと笑ってあげるとか、名前を呼ばれたらすぐに返事をするとか、そういう些細なことに注意を怠らないようにしよう。それだけであなたの評判はぐっと良くなるはずだ。

ページの先頭へ