酒巻久の名言|本は読むだけでなく、そこから何を学ぶかが重要

最近の若い人は、とくに学歴の高い人は、難しい本を読んだという経験だけで物知り顔をしがちだと感じます。何かの本を「読んだことあります」という人に、私はよく「そこから何を学びましたか」と尋ねるのですが、ほとんどの場合まともな回答は返ってきません。読書が身についていないのです。

酒巻久 の経歴

酒巻久、さかまき・ひさし。日本の経営者。キヤノン電子社長。栃木県出身。芝浦工業大学工学部卒業後、キヤノンに入社。研究開発部門でVTR、コピー機、ファックス、ワープロ、PCなどの開発に携わり大きな実績を残す。その後、キヤノン電子社長に就任。経営改革でキヤノン電子の利益を5年で10倍にした経営者。主な著書に『椅子とパソコンをなくせば会社は伸びる!』『キヤノンの仕事術』『会社のアカスリで利益10倍! 本当は儲かる環境経営』『最新 情報漏洩防止マニュアル』『企業情報漏洩防止マニュアル』など。

こんな名言はいかがですか?新着 名言

全記事から名言をランダム表示します。人生を変える言葉との偶然の出会いがあるかも?
» 名言レコメンドのページへ

ページの先頭へ