酒巻久の名言|本は読むだけでなく、そこから何を学ぶかが重要

最近の若い人は、とくに学歴の高い人は、難しい本を読んだという経験だけで物知り顔をしがちだと感じます。何かの本を「読んだことあります」という人に、私はよく「そこから何を学びましたか」と尋ねるのですが、ほとんどの場合まともな回答は返ってきません。読書が身についていないのです。

酒巻久 の経歴

酒巻久、さかまき・ひさし。日本の経営者。キヤノン電子社長。栃木県出身。芝浦工業大学工学部卒業後、キヤノンに入社。研究開発部門でVTR、コピー機、ファックス、ワープロ、PCなどの開発に携わり大きな実績を残す。その後、キヤノン電子社長に就任。経営改革でキヤノン電子の利益を5年で10倍にした経営者。主な著書に『椅子とパソコンをなくせば会社は伸びる!』『キヤノンの仕事術』『会社のアカスリで利益10倍! 本当は儲かる環境経営』『最新 情報漏洩防止マニュアル』『企業情報漏洩防止マニュアル』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

相手の話をきちんと聞くことが大切です。そして教えてもらう。コミュニケーションは部下にしっかり指示することで生まれると勘違いしている管理者がいますが、一方通行の会話からは絶対にいいアイデアを出してもらえません。会議の場でも実際の現場でも、社員たちに「教えてくれるかな」と言って質問するのです。

「身だしなみ」も一種のコミュニケーションです。私は服装をビジネスにおける「戦闘服」だと考えています。身だしなみを整えることはお客様へのリスペクトにつながるからです。男性も同じ。IT企業などでは「快適だから」という理由でラフな服装を好む方も多いようですが、こと、お客様と相対するときにそれでよいのか、私には疑問です。

一人の人間がやれることには限度がある。どれだけ才能に恵まれていようとも、どれだけ努力を重ねて能力を高めようとも、肉体はこの身ひとつ、頭脳もひとつである。寝ないで働いても、1日24時間以上は働けない。だから、ある程度のところまでは一人の力で持っていけたとしても、それ以上に会社を成長・発展させることができないのである。

企画書を読む相手や、読まれる状況を想像し、それに合った内容・レイアウトで作ること。それを意識するだけで、企画が通る可能性はぐんとアップする。

正式な会議での発表だけが、プレゼンではありません。日常的な商談や上司への業務報告など、すべてがプレゼンの場であると考え、相手への共感を示しつつ、言いたことを短くまとめる能力を磨いてください。

意識と仕組みを変えていく時に一番大事にしたのは、「正しい会社にしていこう」という思いです。「上場するからやるんだ」という言い方では伝わりません。「会社が正しくなかったら、永遠に存続することなどできない。正しい方向に進むことが大事なんだ」。そう言い続けました。

相手が興味を持つポイントを押さえることが重要です。生産者にとって一番切実なのは、やはり、いかにして収入を増やすかということです。「生産者は出口を知らない」と言われるとおり、生産者は何を作れば消費者が喜ぶのかを知らないことが多い。消費者からの距離が遠いからです。消費者に近い我々なら、どんなものを、どれくらいの価格で提供すれば売れる、という現実的なアドバイスができます。「今よりも稼げる」という現実的な未来を伝えることが、生産者の興味を最初に惹きつけるには大切だと感じました。

僕は若い頃、よく「生意気だ」と言われた。会議でも若手は末席に着いて、なるべく発言を控えるというしきたりが我慢ならなくて、いつも積極的に発言しましたから、敵をたくさん作りましたよ。

何か物事を成し遂げたい時、「やろう」と強く思うこと。やりたいことを心に描き、その形を具体的にイメージし、継続して持ち続けられれば、それは80%出来たも同然だ。

問題が起こって上手く行かなくなったら、問題の本質は何か整理し、強烈に反省する。全員が自分も悪かったなと思える絵が描けたら、改革が動きはじめます。

クライアントや仕事仲間から「あなたともう一度仕事したい」と言ってもらえるような姿勢で何事にも真摯に取り組み、期待以上の成果を残すべき。

僕は現役時代、100%本気で「チームが日本一になること」を最大の目標として、個人のことは二の次だと考えていた。

周辺環境を美しく整えると気分が引き締まり、無秩序なデスク上では知り得なかった新たな発見ができます。必要な情報に迅速にアクセスできるため仕事の質が向上し、効率もアップします。

ページの先頭へ