酒巻久の名言|本は読むだけでなく、そこから何を学ぶかが重要

最近の若い人は、とくに学歴の高い人は、難しい本を読んだという経験だけで物知り顔をしがちだと感じます。何かの本を「読んだことあります」という人に、私はよく「そこから何を学びましたか」と尋ねるのですが、ほとんどの場合まともな回答は返ってきません。読書が身についていないのです。

酒巻久 の経歴

酒巻久、さかまき・ひさし。日本の経営者。キヤノン電子社長。栃木県出身。芝浦工業大学工学部卒業後、キヤノンに入社。研究開発部門でVTR、コピー機、ファックス、ワープロ、PCなどの開発に携わり大きな実績を残す。その後、キヤノン電子社長に就任。経営改革でキヤノン電子の利益を5年で10倍にした経営者。主な著書に『椅子とパソコンをなくせば会社は伸びる!』『キヤノンの仕事術』『会社のアカスリで利益10倍! 本当は儲かる環境経営』『最新 情報漏洩防止マニュアル』『企業情報漏洩防止マニュアル』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

目標が上手くいかないことがあることは当たり前です。すべての仕事が上手くいくなんてあり得ません。でも、そうやって最短距離でゴールに到達することばかり考えてるから、壁にぶつかるとすぐに挫折して諦めちゃうんだよね。

鈴木亜久里の名言|最短距離でゴールに到達することばかり考えてはいけない


もしチャンスがあって、殺す側と殺される側とが数日間同じ場所で過ごし、お互いに隠すところなく本当の心のうちを吐露し合ったならば、どんな敵同士でも必ず和解し、そればかりでなく、無二の親友となることもあるでしょう。

福沢諭吉の名言|本心を話し合うことによって和解できる


よく「なぜ和物にこだわっているのですか?」と質問されますが、洋物とは言わないのに、自分の国のものを「和物」と特別視することが不自然だと感じています。日本人である私が、自分の国のものを身近な職人と生み出すことはごく当たり前のこと。

高橋理子の名言|日本人である私が、自分の国のものを身近な職人と生み出すことはごく当たり前のこと


コミュニケーションが怖くなる最大の原因は、うまくいかなかったときに「俺はなんてダメなんだ」と自分を全否定してしまうこと。でも、コミュニケーションもサッカーや野球と同じゲームと考えれば、試合に負けたからといって、自分の人格まで否定されることはありません。ゲームなので負けることもありますが、会話はチームプレーだと考えれば、たとえ気まずくなったとしても、自分一人のせいではなくなる。精神的にもかなりラクになります。

吉田尚記の名言|コミュニケーションをゲームと捉えることの利点


仕事の力とは、総合力である。欠点や弱点ばかりを見るのではなく、広い視野で仕事力を見極めないといけない。じっくり観察すれば、上司の巧みなワザが見えてくる。

吉田典史の名言|欠点や弱点ばかりを見るのではなく、広い視野で仕事力を見極めないといけない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ