堀尚弘の名言|社内メタボ解決にはコミュニケーションが重要

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は組織の非効率化を「社内メタボ」と呼んでいますが、無駄な贅肉を落とすには、コミュニケーションが決定的に重要です。とくにマネジメント層の役割が大きい。たとえば、部下のちょっとした変化に気づいて声をかける「気づきトーク」などをコンサルティングでは提案しています。

堀尚弘 の経歴

堀尚弘、ほり・なおひろ。ビジネスコンサルタント。東京出身。中央大学経済学部国際経済学科卒業後、警視庁入庁。公安部、警務部、生活安全部、総務部、機動隊などに勤務。退官後は出版社の編集企画課長、一部上場の施設管理会社勤務などを経てベストブレインを創業。企業のリスク管理、生産性アップなどのコンサルティングを行っている。著書に『成功する会社が必ずやっているリスク管理』。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ名言

ページの先頭へ