堀尚弘の名言|現場に具体的なマニュアルを

現場には思い込みがはびこっています。たとえば、営業マンは売上第一で売掛金の回収は経理の仕事など。そうした営業現場から「取引先の財務状況が悪化している」などの報告が出てくるはずもありません。問題を解消するには、具体的なマニュアルとともに、営業トークなどの行動様式をわかりやすく教えることです。これで現場はかなり変わるはずです。

堀尚弘 の経歴

堀尚弘、ほり・なおひろ。ビジネスコンサルタント。東京出身。中央大学経済学部国際経済学科卒業後、警視庁入庁。公安部、警務部、生活安全部、総務部、機動隊などに勤務。退官後は出版社の編集企画課長、一部上場の施設管理会社勤務などを経てベストブレインを創業。企業のリスク管理、生産性アップなどのコンサルティングを行っている。著書に『成功する会社が必ずやっているリスク管理』。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

出世には運が左右する部分もあります。しかし、私は出世とは、「能力」と「努力」と「人間性」のバロメーターであると考えています。出世ができるかどうかは、この3つの要素の総合力で決まる。その人の全人格をかけるくらいの真剣勝負をして、初めて出世ができるのです。だから、出世をしている人には必ずそれなりの理由があるし、出世できる人とできない人のあいだには明らかな差がある。

佐々木常夫の名言|出世に関わる3要素


私が面接するのは幹部候補だけです。採用は基本的に各部署のリーダーに任せています。ただ、「好きな人」「気の合う人」を入れて、とだけは言っています。極端にいえば、「声が好き」「顔が好き」でもいいんです。履歴書を見て、学歴やこれまでの実績が優れていても、人柄がいまひとつだったり、相性がよくなかったら、一緒に働いたとき、上手くいかないでしょ。人を見る目に自信がない人にかぎって、履歴書やキャリアに頼ってしまう。それよりも、「この人いいな」と思った人を採用したほうが、職場は上手くいきます。

野口美佳の名言|採用で重要なのは、学歴や実績よりも人柄や相性


仕事に対する真面目さ、内に秘めた使命感など、少しでもポテンシャルが見えれば、こちらからきちんとコミュニケーションします。何回も話しかけられたり、早い返信メールをもらえば、「ちゃんと見られてるんだな」って思いますよね。悪い気はしないでしょう。

秋山浩保の名言|こちらからコミュニケーションすることが大切


店長より、現場のスタッフの方がよく知っている。やらせて、やって、シェアして勉強する。店長はスタッフを守り、スタッフは仲間を信じ店長を支えてもらいたい。

柳井正の名言|やらせて、やって、シェアして勉強する


大企業シニアと面談していると、在職中の成功体験を滔々と語り、自分の優秀さをアピールする人がよくいます。でも、大企業は資金も人材も豊富。高い社会的信用もあります。そうした恵まれた条件だからこそ成功できたことを、思い返してください。それに、大きな組織のなかで仕事をしていたわけで、自分一人の力だけでなく、チーム全体の力があったからうまくいったはず。そのときの企業の戦略、企業を取り巻く経営環境もよかったのかもしれません。大企業シニアには諸々の外的要因を排除して、いまの自分にできるスキルを抽出してほしいのです。

古川晶子の名言|諸々の外的要因を排除して、いまの自分にできるスキルを抽出する


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ