堀尚弘の名言|現場に具体的なマニュアルを

現場には思い込みがはびこっています。たとえば、営業マンは売上第一で売掛金の回収は経理の仕事など。そうした営業現場から「取引先の財務状況が悪化している」などの報告が出てくるはずもありません。問題を解消するには、具体的なマニュアルとともに、営業トークなどの行動様式をわかりやすく教えることです。これで現場はかなり変わるはずです。

堀尚弘 の経歴

堀尚弘、ほり・なおひろ。ビジネスコンサルタント。東京出身。中央大学経済学部国際経済学科卒業後、警視庁入庁。公安部、警務部、生活安全部、総務部、機動隊などに勤務。退官後は出版社の編集企画課長、一部上場の施設管理会社勤務などを経てベストブレインを創業。企業のリスク管理、生産性アップなどのコンサルティングを行っている。著書に『成功する会社が必ずやっているリスク管理』。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

学習机や椅子を販売するアイリスチトセは、もとは民事再生法の適用を申請した破綻企業でした。しかし現在では売上高73億円、営業利益15億円弱とそれぞれ前年比で13%増、30%増という高い伸びを示しています。アイリスチトセの再生を通して、会社の仕組みを変えれば、破綻した企業でも高収益企業に再生できると気づきました。その後、カイロを扱うニッテツ・ファイン・プロダクツ、名証2部上場の家具メーカーであるホウトクなど、企業や営業権を買収しています。

大山健太郎の名言|会社の仕組みを変えれば、破綻した企業でも高収益企業に再生できる


個人的には、社長は8年ぐらいの周期で交代することをイメージしている。8年ぐらいでアイデアが出尽くすためだ。

澤田秀雄の名言|社長は8年ぐらいの周期で交代することをイメージしている


これからの個人が製品を製造できる時代には趣味でメイカーになる人が大半だろうが、中には製品を公開し、コミュニティをつくり、そこから次の段階を目指す人が出てくるだろう。こうしたメイカーズから巨大会社が育つ可能性はある。未来の大企業がたったいま誰かのガレージで生まれているかもしれない。

クリス・アンダーソンの名言|未来の大企業がたったいま誰かのガレージで生まれているかもしれない


自分ではコントロールできないものにエネルギーを注いでも、無駄な努力になってしまう。

森川陽太郎の名言|コントロールできないものにエネルギーを注いでも、無駄な努力になってしまう


自分が通っていた中学校が廃校になって、その施設を使って事業ができないかと相談されました。その時、思い付いたのがプールを使った淡水魚・チョウザメの養殖です。地の利、人の利もあって波に乗り、事業は順調に推移しています。

板坂直樹の名言|地の利、人の利もあって波に乗り、事業は順調に推移しています


私は、ITの世界でも「日本が世界からリスペクトされるような足跡を残したい」と思い、事業をしてきた。

堀主知ロバートの名言|ITの世界でも日本が世界からリスペクトされるような足跡を残したい


一流になるためには、第一に、現実に対処する包容力を身につけることです。最悪な状況でも、「これは自分に課せられた試練なんだ」と思い込みましょう。

トニー・レオンの名言|一流になるための第一条件は現実に対処する包容力


ビジョンは、「Will(したいこと)」「Can(できること)」「Must(しなければならないこと)」の重なり合ったものであるべきだ。

中川政七の名言|ビジョンの条件


イメージしているのは小さなキッチンと90センチ角のテーブルに2つの椅子がある生活をしている人たちです。その中で私たちの製品がどう並び、使われるかというところからサイズや色、デザインなどを考えます。

岡野真二の名言|ターゲットを明確にイメージする


何かの結果というものは、それまでの過程があって生まれてくるもの。だから過程を大事にすることが、いい結果を生み出すただひとつの道なんだ。それをしっかりと心において、ひとつひとつ積み上げていくことが必要だと思う。

矢野博丈の名言|結果は過程から生まれる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ