堀尚弘の名言|リスク管理への取り組みが収益に貢献する

万一のリスクに備えるよりは、日々の売上アップや資金繰りの方が大事というのが経営者の本音なんです。まさにそこが一番のポイントです。リスク管理への取り組みが収益に貢献することを理解すれば、経営者は本気になります。

堀尚弘 の経歴

堀尚弘、ほり・なおひろ。ビジネスコンサルタント。東京出身。中央大学経済学部国際経済学科卒業後、警視庁入庁。公安部、警務部、生活安全部、総務部、機動隊などに勤務。退官後は出版社の編集企画課長、一部上場の施設管理会社勤務などを経てベストブレインを創業。企業のリスク管理、生産性アップなどのコンサルティングを行っている。著書に『成功する会社が必ずやっているリスク管理』。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

当社は、メガネの付加価値を模索し、世の中に提案してきた会社です。常に新たな機能を考え商品に反映させていくというビジョンを持って商品開発を行っています。

田中仁の名言|常に新たな機能を考え商品に反映させていく


20世紀型の「もっと、もっと」で豊かになったのか、「もっと高級なものを」「もっと贅沢を」と求めていた幸せが、はたして本当に幸せだったのかと、みんなが考え始めたのでしょう。利己的な物欲から心の豊かさや共生、共助といったことに人々が向き始めたということだと思います。これは震災報道の影響もあるでしょうね。ニュースを通じて、家族や地域の絆、助け合いの大切さが、連日報じられています。それらに触れて、改めてそういったものの大切さに気付かされたことが、変化のきっかけになったのではないでしょうか。

渡邉美樹の名言|「もっと、もっと」と求めていた幸せが、はたして本当に幸せだったのかと、みんなが考え始めた


父は経営の一線にいつも私を同伴し、多くのことを私に直接やってみろと注文した。しかし、どんなことにも、詳細な説明はなかった。

イ・ゴンヒの名言|父から受けた教育


失敗の経験を経て、素人なら素人なりに、身の丈にあった経営をしようと思い直しました。2社目のテラは経営のプロではなく、細胞治療を面白いと思ってくれる人を集めて立ち上げたのです。

矢﨑雄一郎の名言|素人なら素人なりに、身の丈にあった経営をしよう


球団社長就任1年目で優勝という成果を上げることができ、黒字化も達成できそうな状況です。ただ、これは私の力というより、その前の8年間で行なってきたチーム作りが正しかったからです。1年間だけ何かやったところで、優勝できるはずがありません。

立花陽三の名言|1年間だけ何かやったところで、優勝できるはずがない


永年のお得意先は一軒たりとも他社に取られるな。そのためなら、経費は青天井で出す。カネがなくなったら、俺が本社からもらってくる。
【覚書き|大阪支店長時代の発言。当時、大阪支店が支店トップのシェアを維持していた。しかし、スーパードライもない頃で、会社が経営不振になる中、営業担当者たちの士気が落ちていた。そこで上記発言で檄を飛ばした。結果、営業担当者たちが奮起しほとんど経費を使わずに他社にお得意さんを取られずに済んだ】

瀬戸雄三の名言・格言|リーダーは部下がやる気を出す檄を飛ばす


親が経営者だったこともあり、10代の頃から、漠然とですが起業したいという気持ちはありました。父親が仕事をする姿を見る中で商売の面白さを感じてきたところがあり、自分もいつか社長になりたいと。

佐川隼人の名言|父親が仕事をする姿を見る中で商売の面白さを感じてきた


私たちは原材料が上がってきたときに逆に値下げしましたが、これは相当なインパクトがありました。これを可能とするためにも準備が必要です。不況に対する準備が差別化につながります。

似鳥昭雄の名言|不況に対する準備が差別化につながる


上司に配慮しすぎて萎縮していてはダメです。自分の能力を抑える癖がついてしまいます。自分で考えて行動することこそが重要なのです。

夏野剛の名言|上司に配慮しすぎないことの大切さ


SBIグループが急成長できたのは、時流に乗ること、そしてCS(顧客満足)を高めることを徹底してきたからです。

北尾吉孝の名言|SBIグループが急成長できた理由


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ