堀尚弘の名言|リスク管理に強い組織にするには

リスク管理の基準と手順を分かりやすくまとめる。その運用をモニタリングし、共有できるデータとして記録する。これを継続するだけでも、リスクに強い組織になり、職場の利益体質化にもつながります。

堀尚弘 の経歴

堀尚弘、ほり・なおひろ。ビジネスコンサルタント。東京出身。中央大学経済学部国際経済学科卒業後、警視庁入庁。公安部、警務部、生活安全部、総務部、機動隊などに勤務。退官後は出版社の編集企画課長、一部上場の施設管理会社勤務などを経てベストブレインを創業。企業のリスク管理、生産性アップなどのコンサルティングを行っている。著書に『成功する会社が必ずやっているリスク管理』。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

今の私の人脈は、ほとんどが独立後に開拓したもの。「会社員時代と全く違う人間関係を築く」くらいの覚悟がないと、起業はうまく進まないのかもしれません。

須藤利究の名言|会社員時代と全く違う人間関係を築くくらいの覚悟


リーダーはビジョンを持たなくてはいけない。

長谷川裕一の名言|リーダーはビジョンを持たなくてはいけない


残業を減らしてもその分業績が下がったら企業としては失格。生産性を上げる工夫も同時に行わなければ意味がない。

小山昇の名言|生産性を上げる工夫も同時に行わなければ意味がない


人間って結局、いろいろな関係の網の目の中で生きているので、周りから見いだしてもらえるというのは重要なこと。

小笹芳央の名言|周りから見いだしてもらえるというのは重要なこと


一人の力なんてたかが知れているものです。だから何かを実現するためには、誰かの協力が不可欠です。もし実現したい夢や目標があるのなら、それをことあるごとに語っていかなければ協力者は得られません。

中畑清の名言|協力者を得るために夢や目標を語ることの大切さ


40半ばを過ぎたあたりから、書きたいものをもっと自由に書こう、という感じに変わってきた。ちょうどその頃に登山を始めたりと、ライフスタイル的にも変化があって。

馳星周の名言|書きたいものをもっと自由に書こう、という感じに変わってきた


相手を何とか説得しようと力んでいませんか? 自分が力むと、相手も同じように固くなる。フッと力を抜くことで、相手の態度も柔らかくなる。

松尾昭仁の名言|フッと力を抜くことで、相手の態度も柔らかくなる


弱音は吐くものではない。呑み込むものである。

孫正義の名言|弱音は吐くものではない。呑み込むものである。


私も社長就任当初は、役員たちから随分と抵抗されました。皆、自分を役員に任命してくれた前任の社長にシンパシーを感じており、規定路線の変更を快く思いません。当時、役員は13人もおり、役員会で私は孤立無援でした。多勢に無勢で、さすがに自分の好き勝手にはできません。そこで独裁体制を確立するために、役員の人数を半減することにしました。敵が減れば勝てると思ったのです。「だいぶお疲れのようだから、しばらくちよっと休んでいてくれ」と言って、適当なポストを与え、一人ひとり「引き込み線」に入れます。クビにはしません。そして理屈にならない理屈を並べて、少しずつ権限を外していきます。一度にやったら、また総掛かりで袋叩きに遭ってしまうので、「徐々に」が肝心です。役員が半減したことによって、思い通りの経営がしやすくなりました。

鈴木喬の名言|抵抗勢力の力を削ぐときは「一度に」ではなく「徐々に」やる


ビジネスで成功するための極意を明かそう。最強のビジネス基盤は、単なる「ビジネス関係」ではなく「人間関係」にある。たとえば、企業は顧客が製品やサービスを生涯にわたって愛用してくれるように、顧客との良好な人間関係を築こうと努力している。企業間の取引についても同じことが言える。

ロバート・キヨサキの名言|ビジネスで成功するための極意


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ