浮世満理子の名言|失敗や挫折の効用

このエントリーをはてなブックマークに追加

成功からはあまり多くを学べないけれど、失敗や挫折の中には、必ず改善のヒントが隠れています。


浮世満理子 の経歴

浮世満理子、うきよ・まりこ。日本の心理カウンセラー。大阪出身。プロスポーツ選手、経営者などのメンタルトレーニングを行っている。全心連公認全国統一認定資格プロフェッショナル心理カウンセラー、国際ストレスマネジメント協会評議員、アイ・ディアヒューマンサポートアカデミー学院長。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

また失敗もするかもしれないけど、いろんな失敗をして、いろいろと痛めつけられて、それでしか身につかないことってあるんです、きっと。

失敗すること自体は悪いことではありません。重要なのは、どうリスクを抑えた失敗が出来るかです。

失敗を怖れ、「失敗をしないようにうまくやろう」なんて思っていると、結局は世の中がわかんないままで終わってしまう。

失敗しないような仕事ばっかりやっていたら、新しい技術が身につかないから、会社は伸びないし、いい仕事も来なくなる。

お金を払ってプロに相談するという発想が日本人にはあまりないが、創業期のミスが将来の失敗につながらないためには重要なこと。

全ての研究開発テーマが成功してキャッシュを生む事業になるとは思っていない。でも真面目に向き合えば、失敗しても必ず何かが残る。

失敗することで、自分のダメな部分に気づく。失敗することで、人の優しさが身にしみる。

ページの先頭へ