佐々木隆の名言|分社化の効果

分社化後に「経営が近くなった」という社員の声を多く耳にしました。分社化で各事業会社の規模が小さくなりますから、経営と現場との距離が短くなるのです。何が起こるかわからない昨今、自社の中に多くの「関節」をつくって、成長領域を増やしていく。それは、どの産業にも共通する課題でしょう。

佐々木隆(経営者) の経歴

佐々木隆、ささき・たかし。日本の経営者。JTB社長・会長。東京出身。東京大学理学部卒業後、日本交通公社(のちのJTB)に入社。株式会社日本ダイナースクラブ経理課長・経理部副部長、JTB経営企画室主査、経営企画室次長、取締役財務部長、常務取締役西日本営業本部長などを務めたのち、社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

現状に対する危機感を、経営陣を含めて認識することが大切。今のままではいけない。もっと新しい取り組みをしていかなければならないし、これまで以上のスピード感が必要。

構造改革だけでなく、成長戦略も同時に練っていかなければならない。新しい事業を他社に先駆けてスタートさせるためには、思い切った先行投資をすることも大切になる。

アクティビティー分野は、手間がかかる割に単価が低いので利幅が少ない。ツアー催行会社は膨大にあり、人間関係が決め手になります。このため大手でも参入障壁は高いので、当社とは競合であると同時に、パートナーでもあります。

デザインなどは他社に商品を真似されるリスクはあるが、機能まで含めて同等の商品はそう簡単には作れないはず。

観客が求めているのは、難しい技術の話ではない。商品やサービスを使ったら自分にどんないいことが起きるかという情報と、なぜその商品やサービスを作ろうと思ったかという作り手の情熱。

仕事の世界では、結果を出した者が勝ちです。「理論的におかしい」と反論してくる部下を教育したいなら、上司のあなたが実力を磨き、仕事で結果を出せばいいのです。そして、部下が「論理的におかしい」などと反論しても、「私のやり方で実際に結果が出ているのだから、君は私が指示する通りにやりなさい」とはっきり言ってやればいい。これ以上に説得力のある言葉はないはずです。

幸福の最も大きな障害は、過大な幸福を期待することである。

僕もモノローグ(独白)は一応禁止なんですよ。それは表情で描いて演技で知らせる。(キャラクターが)「なんかつらいわ」っていうふうに言っちゃダメっていうことですね。

持続性が大事です。安い運賃を出して一時的にお客様を喜ばせたとしても、持続性がなければ結局は破綻し、競争が減ってその路線の運賃は余計に上がってしまいます。それは、利用者にとって不利益でしょう。

指示はたいてい、100%は伝わりません。多くの場合、パートさんやアルバイトさんに伝わるころには、情報は2~3割になってしまいます。その最大の要因は、社員同士のコミュニケーションや信頼関係の希薄さにあります。指示の7~8割が途中で消えてしまうような状態では、どんな改善策を講じても勝てるチームにはなりません。しかもこれは会社の体質や社風のようなものですから、永遠に続いていきます。当然ながら指示を100%実施できる会社とは、利益や売上げで大きな差がついてしまいます。そうした風土を変えるのが挨拶です。挨拶を徹底するだけでも信頼関係は築けるもの。コミュニケーションが密になることで、川の水が川上から川下に流れるように、情報も滞りなく伝達されるようになるのです。

ページの先頭へ