心屋仁之助の名言|好きなものは自然に目に飛び込んでくる

このエントリーをはてなブックマークに追加

クルマ好きは意識しなくても珍しいクルマを目で追いかけます。自分を騙そうとしても、本当に好きなものは自然に目に飛び込んでくるのです。小さいころに教師に憧れていた私の場合、人に教えることがどうしても捨てきれない「実は好きなこと」でした。


心屋仁之助 の経歴

心屋仁之助、こころや・じんのすけ。日本の心理カウンセラー。兵庫県出身。桃山学院大学卒業後、大手物流企業に入社。現場営業や営業企画部門管理職として19年間勤務。その後、心理療法と出会い心理カウンセラーとして独立。性格リフォームを専門としたカウンセリングを行う。NLPマスタープラクティショナー。著書に『光と影の法則『性格は捨てられる』『人間関係が「しんどい!」と思ったら読む本』『「自分がイヤだ!」と思ったら読む本』『「めんどくさい女」から卒業する方法』『すりへらない心をつくるシンプルな習慣』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

顧客の潜在的欲求を先取りし、他社よりも早く新しい価値を提供し、夢と喜びを叶える。一連の改革は世界の構造が変化する中で、「ホンダらしさとは何か」を呼び覚ます試みにほかなりません。改革を通して源流回帰する。ホンダの思考法です。

人前で緊張するのは自然な反応です。プレッシャーが人を強くします。逃げ出したくなるような感覚がなくなったら、モチベーションもなくなってしまうような気がします。

国民の意識を変えるためには、上からお説教をするのではなく、実際に行動を起こして国民に見せることが大切。

クレームに対して素早く真心で対応すれば、たいていのお客様は許してくださるでしょう。しかし、放っておいたら、お客様は二度と来ません。そして、クレームというのは、じつはその店に限ったことではなく、どこの店でも起こり得ることなんです。ですから、私は苦情の内容をまとめて、全店に配りました。これはいまも続けていることです。

私は、子供のころは楽なほうばかりを選択していました。でも、あるときからそれではダメだと気づいた。とくに、ビジネスを始めてからです。経営者として経験を積む中で、安易な方向に進むとほとんどがうまくいかない一方で、あえて険しい道を選ぶとまず間違いがない、ということを何度も思い知らされたのです。

私はこのコンセプト(ボランティアによって書かれたインターネット上の無料の百科事典を作ること)にものすごく情熱を持っていた。みんなのための無料の百科事典を作るというアイディアは、人道主義的な目標として、インターネットの存在意義というコンセプトとして、私の心をつかんだ。私は、なんとかして成功させることに人生を費やすことを決めた。心配もあったが、やめようと思うような大きな問題はなかったし、これを実現させるために私達は何を変えるべきなのかというのが一番の問題だった。

お金が貯まる人になるために、私が提案したいのは、仕事と同じように、家計にも「予算管理」や「決算」の考え方を取り入れること。具体的には「支出に予算(支出上限)を決め、その範囲内で暮らす習慣をつける」「月ごとに収支を把握する」こと。

ページの先頭へ