心屋仁之助の名言|悩みは強みに変えられる

このエントリーをはてなブックマークに追加

私はずっと、職場や家庭での人間関係で悩んできました。だから、心理学の勉強にも一生懸命取り組んだし、人間関係の問題を乗り越える方法も知っています。心を悩ませた分、実体験を通じて「生きたノウハウ」を身につけられました。このように、悩みは強みに変えられるのです。


心屋仁之助 の経歴

心屋仁之助、こころや・じんのすけ。日本の心理カウンセラー。兵庫県出身。桃山学院大学卒業後、大手物流企業に入社。現場営業や営業企画部門管理職として19年間勤務。その後、心理療法と出会い心理カウンセラーとして独立。性格リフォームを専門としたカウンセリングを行う。NLPマスタープラクティショナー。著書に『光と影の法則『性格は捨てられる』『人間関係が「しんどい!」と思ったら読む本』『「自分がイヤだ!」と思ったら読む本』『「めんどくさい女」から卒業する方法』『すりへらない心をつくるシンプルな習慣』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「夢みたいな事を言う」と周りに思われるくらいでなければ、大きなことはできません。

無遠慮に厳しく批判するようなフィードバックが、ためになることはありません。どんな批判も、学び、成長するきっかけとなるような形で「フィードバック」を与える必要がある。

態度が生意気だなんて取るに足らない些細なこと。上司に口ごたえをしたって構わない。きちんと仕事をする部下なら、バリバリと働いてもらったらいいだけのこと。

自分で自分の進路を決めるべきだ。
自分が大好きなことを仕事として選ぶべきだ。
特にやりたいことが見つからないのならば、必死に探すべきだ。

社員の意識を根本から変えたいなら、訓示を垂れたりするよりも、仕組みを作るほうが効果的です。行動を変えざるを得ない環境を、まず作ってしまえば良いのです。

最近とくに、多くのビジネスパーソンから「簡単に成果を出す近道はありませんか?」と聞かれます。そんなときの私は「まずその考え方を捨てることが第一歩ですよ」と答えています。

欧米でも、15年ほど前までは、企業と労働者の関係は親子のようなものでした。でも、この関係が、両者が互いに独立した、大人と大人の関係に一変しました。日本も次第に移行していくでしょう。

ページの先頭へ