心屋仁之助の名言|自信満々で独立する人はごく少数派

このエントリーをはてなブックマークに追加

自信満々で独立する人など、ごく少数派です。私もそうでしたが、普通は不安を抱えながら独立を目指すものです。このとき、「どうせ自分には無理」などのように否定的な自己イメージが強いと、次の一歩は踏み出せません。


心屋仁之助 の経歴

心屋仁之助、こころや・じんのすけ。日本の心理カウンセラー。兵庫県出身。桃山学院大学卒業後、大手物流企業に入社。現場営業や営業企画部門管理職として19年間勤務。その後、心理療法と出会い心理カウンセラーとして独立。性格リフォームを専門としたカウンセリングを行う。NLPマスタープラクティショナー。著書に『光と影の法則『性格は捨てられる』『人間関係が「しんどい!」と思ったら読む本』『「自分がイヤだ!」と思ったら読む本』『「めんどくさい女」から卒業する方法』『すりへらない心をつくるシンプルな習慣』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

市場開発をする上では、製品スペックだけでは顧客が採用・購入する理由になりにくい。儀礼的な会社同士のつきあいだけでなく、人・技術の信頼関係が重要。

売れていても、いつまで続くかは保証されるものではない。時代の移り変わりとともに何が求められるかはコロコロ変わる。だから結局、常に次のことを考えていく。これだけですよ。

何かをやり遂げる時には理論ではなく、突き詰めて物事を考えて手を動かすことが何よりも大事。

業界1位と2位が一緒になるといった、化学業界で起こっているような大型再編が起こらないとも限りません。その時に、きちんと戦えるような形にしておかなくてはならない。

難しい営業案件にいくときは、わざと過密スケジュールを組んでいました。駄目だと思ったら、次の取引先に向かうといって、さっさと失礼するのです。一見、逃げ腰のように見えるかもしれませんが、自分の仕事のテンポをつくるのは、とても大切です。

日本で新型インフルエンザが大流行していた頃のことです。マスクが飛ぶように売れ、エステーでも増産に次ぐ増産を指示していました。しかし、調子に乗った時が危ない。ある時、ふとそう思って減産を決断しました。まだマスク需要が旺盛だった段階だったので、社内からは大反対に遭いました。それでも私は譲らなかった。しばらくすると、新型インフルエンザ騒ぎは沈静化して、あっという間にマスク市場は冷え込みました。大量の返品に苦しむメーカーが何社かありましたが、エステーは難を逃れました。

花は満開となれば、やがて落ちる。太陽は南中すれば、やがて陰りはじめる。人は壮年を迎えれば、やがて老いていく。百年の間、必死で勉強すべきであり、ゆったりとくつろぐ暇などはない。

ページの先頭へ