心屋仁之助の名言|最悪の事態を想像してみることの効果

このエントリーをはてなブックマークに追加

恐れを乗り越え、やりたいことを発掘するには「最悪の状況を想像してみる」のが効果的です。たとえば、独立しても仕事がなく、家を追い出されて家族から見捨てられる……。そんな未来をできるだけ具体的に想像しましょう。すると、現実はここまでひどくならないと気づけるのです。


心屋仁之助 の経歴

心屋仁之助、こころや・じんのすけ。日本の心理カウンセラー。兵庫県出身。桃山学院大学卒業後、大手物流企業に入社。現場営業や営業企画部門管理職として19年間勤務。その後、心理療法と出会い心理カウンセラーとして独立。性格リフォームを専門としたカウンセリングを行う。NLPマスタープラクティショナー。著書に『光と影の法則『性格は捨てられる』『人間関係が「しんどい!」と思ったら読む本』『「自分がイヤだ!」と思ったら読む本』『「めんどくさい女」から卒業する方法』『すりへらない心をつくるシンプルな習慣』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

当社は「学び続ける会社」でありたい。

職場の人から妻や子どもまで、実はいろんな恩恵を受けている。日記に感謝の言葉を書くと、自分が変わっていく。人現関係もお金も良い回転をし出す。

世の中には決着をつけたがらない人がとにかく多いものです。しかし、決着をつけなければ、前に進むことはできません。

やる気が出ないことはあまりありません。ただし、「やる気が出ないもの」はあります。出たくない会議、行きたくない出張……。無理にやっても成果があがらないので、こういう場合は「やらない」ことにしています。

百聞以不如一見、百見以不如一考、百考以不如一行。
最初の百聞は一見にしかずは誰でも知っている言葉で、確かにその通りですが、見ただけで満足していいのか?その体験をベースに頭がしびれるぐらい考えることが大切だ。さらに、考えただけでも駄目で、実践(行動)が必要だということです。あるとき、海外出張などで視察したことだけで満足し、見てきたことに考察を加えたり、何らかのアクションにつなげようとしない先輩・仲間の言行に疑問を感じ、考え出した言葉です。

1枚10円のプリントサービスをやるなんて言ったら「儲からないお客さんばかり来るからやめたほうがいい」ということになるけど、それは企業側の論理にすぎない。うちでは、そういうところに新たなお客さんがいるはずだと思ってサービスを始めてみたら、実際にお客さんが来てくれた。

手書きのハガキを出すことはダイエットと同じです。ラクな方法はありません。続けることが近道です。

ページの先頭へ