津賀一宏の名言|お客様の方向を向く事業を

お客様の方向を向いている事業は収益が高い。お客様の要求を失った事業はおしなべて低収益です。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

究極の質問力は相手の話を聞くこと。相手の話をよく聞き、その中で相手の趣味嗜好や必要としているもの、悩んでいることなどを推察する。その上で相手に話に沿った質問をすることで、相手はこちらに対して信頼感と親近感を持ってくれるようになる。

松田充弘の名言|究極の質問力は相手の話を聞くこと


与えられた仕事を、指示されたとおりにするだけだと、当然、マンネリになります。人間は成長し、仕事に慣れてくるからです。ですから、自分でハードルを上げるしかありません。指示されていないけれども会社のためになること、また、自分が挑戦してみたいことなどに取り組むのです。与えられた仕事以外に取り組もうとすると、与えられた仕事は早く済まそうとするようになります。仕事を早く終わらせることも、仕事に刺激を与えるチャレンジとなります。

小杉俊哉の名言|マンネリを打破するには


松下幸之助さんは偉大な方でしたが、「水道のように、いいものをどんどん安く供給する」という水道哲学は、私の考えとは少々異なります。GEのジャック・ウェルチだって、「消費こそ美徳なり」なんて、もう言いませんよ。ところが、パナソニックは、PHP研究所を見ていても、水道哲学に強く影響されている。ちょっと違うなと思う。

佐々木正の名言|時代とともに商売のやり方を変えることの大切さ


私の座右の銘は「解決しない問題はない」です。

樋口泰行の名言|解決しない問題はない


以前、ラグビーの社会人チームに所属していました。その中で自分が目立たなくても、どうチームを勝たせるのかを考えたり、連続して攻撃を仕掛けたりすることの大切さを学びました。

佐藤章の名言|ラグビーで学んだこと


日の丸を背負ってする仕事の究極の例が、戦後満州からシベリアに抑留された日本人の強制労働でしょう。私が見たのは、旧ソ連のウズベキスタンにいまも残るナヴォイ劇場です。作業に従事した500人の日本人のうち、60人が事故で亡くなるという苛酷な環境の中で、彼らはいっさい手を抜かずに仕事をしました。強制労働であるにもかかわらずです。1966年に大地震が起きたとき、唯一倒壊せずに残ったのがこのナヴォイ劇場だったと言われています。

竹田恒泰の名言|苛酷な状況でも手を抜かず仕事する


ボートが教えてくれたのが、「敵と戦うより自分を鍛えよ」ということです。敵に勝とうとする前に、自分たちを鍛え上げることが必要です。
【覚書き|東大ボート部に所属していた当時を振り返っての発言】

大久保尚武の名言|敵と戦うより自分を鍛えよ


仕事のモチベーションを高めるために私が最も効果的だと考えるのは、自分は「アイカンパニー」の社長なんだという発想を持つことです。つまり、自分自身をひとつの会社に見立てるのです。そうすれば、ライバル会社と比較したときの競争優位性は何かと気になってきます。お得意様は誰で、その人に自信を持って提供できる商品は何かと考えてもいいでしょう。

小笹芳央の名言|仕事のモチベーションを高めるために最も効果的な方法


いい人を演じることに疲れたら、意識して自己中になることをおすすめします。まずやってほしいのは、自分の心の声にしっかりと耳を傾けること。ただし、頭の中で考えるだけでは自分の声もすぐにかき消されます。そこで、自分が本当にやりたいことや、本当はやりたくないことを紙に書き出します。書き出すことで、頭の中か整理されてモヤモヤが晴れていきます。やりたいことすべてを実行するのは現実的ではないかもしれませんが、書き出したものの中から簡単に実行できそうなものを一つやってみましょう。いままでいい人だったのですから、多少のわがままは周りも許してくれます。きっとそれによって主体性が回復して、自分が生き返ったような気がするはずです。

西多昌規の名言|自分の心の声にしっかりと耳を傾ける


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ