津賀一宏の名言|お客様の方向を向く事業を

お客様の方向を向いている事業は収益が高い。お客様の要求を失った事業はおしなべて低収益です。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私たちの製品は音声に特化しています。スマートフォンは他社に任せればいいのです。スマホが普及してくると、逆にウィルコムの製品が珍しくなりました。面白いもので、そうなると今度はこうしたガラケーの端末が目立つのです。4、5年前は皆ガラケー市場で競っていたのですが、もはやこちらはブルーオーシャン(競合相手のいない領域)に戻りました。そして、スマホ市場がレッドオーシャンになったのです。

仕事で使う言葉限られていて、初歩の英語を少し変えるだけで事足りる。

今後、さらなる成長を遂げるには風通しの良い組織が欠かせない。怒らず、じっくり、従業員の声に耳を傾ける。これを徹底して全員の力を引き出し、100年企業を目指す。

現代のように環境の変化が激しい時代には、組織にもまた人にも、変わることを躊躇しない柔軟性が要求されます。当社の「明日は変えられる」というスローガンには、こういった意味も含まれています。

人間には器量というものがあって、それを超えたら破滅する。多くの人が、この見分けがつかない。

当社のような第三者認証機関が関わることによって、不幸な事故が起きる可能性を減らすことができるでしょう。私たちの使命は、安全・品質基準への適合性を審査することによって製品の事故をなくし、安全で暮らしやすい社会づくりに貢献することです。

ビジネスの文章では具体性と客観性を保つことが不可欠です。「ほぼ・およそ・ほとんど」などの概数的な言い回しや、「~なようです」といった表現は避け、数字を用いて表現することを心がけましょう。

即断即決できない人がトップに立つ組織は、早かれ遅かれ機能しなくなる。

お客様を迎え入れる際の送迎や挨拶、環境の美化などは徹底しなければなりません。自転車の置き場の整理整頓ができていれば、この塾は生徒の管理もしっかりしているとイメージしてもらえます。

今までの政策の延長線上に未来はない。

ページの先頭へ