津賀一宏の名言|コアコンピタンスより、参入障壁の有無が大事

コアコンピタンス(競争力の中核となる得意分野)よりも、参入障壁の有無の方が大事だと思っています。パナソニックにコアコンピタンスがなかったとは言いませんし、技術は決して低いとは思いませんが、テレビなんて参入障壁がまったくない商品です。すぐに真似されてしまいます。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

変革期には、新しいプレーヤーの参入や成長のチャンスがある。

一人では正しいかどうかはわからない。真理は二人から始まる。一人では自己を証明できない。しかし、二人になると、もう反駁できない。

若い世代の価値観を我々の世代が否定するようなことはすべきではないし、我々の価値観を若者に強要するようなこともすべきではない。同じ発想からは新しいものは何も生まれない。世の中がより発展していくためには新しい価値観が生まれてくる必要がある。だから、価値観の相違はむしろ歓迎するくらいの気持ちを持っていた方がいい。昔の価値観を押し通そうと意固地になるのはとても危険なことだ。

当社の強みは、顧客のニッチなニーズに応えていける小回りの良さと、新製品の開発を常に続けているところ。

前へ前へと常に変化する中でも、創業期の精神に戻らなければならない。

いま、企業の中にはリストラに積極的なところも多いようですが、それでは永続的な組織にはなりません。人材育成やモチベーションの向上は一朝一夕には進みません。ですから、私は社員、スタッフに育ってもらうための取り組みを地道に続けなければならないのです。

僕はふたつ以上のものを同時にこなすスタイルを「ハイブリッド」と呼んでいます。いま活躍中の北野武やマイケル・ムーアは映画監督以外の仕事を持っているし、ハリー・ポッターの作者も失業中の主婦でした。彼らのように、これからハイブリッドな人材が活躍する時代になるでしょう。

難しい文章を書けば、格調高く見えたり、自分を賢く見せられたりするのかもしれません。でも、僕にはそういう願望はなく、ただ自分のメッセージを伝えたい、という思いだけがありました。それなら、わかりやすく、伝わりやすくしようと思ったんです。

国内だけを見ていたら事態を見誤る。発想の転換が必要だ。

謎っていうのは抑圧で、解いた時に解放がある。だから、止められない。調べたところで何でもない。ただただ、探るというゲームに興じるのが楽しいわけ。

ページの先頭へ