津賀一宏の名言|コアコンピタンスより、参入障壁の有無が大事

コアコンピタンス(競争力の中核となる得意分野)よりも、参入障壁の有無の方が大事だと思っています。パナソニックにコアコンピタンスがなかったとは言いませんし、技術は決して低いとは思いませんが、テレビなんて参入障壁がまったくない商品です。すぐに真似されてしまいます。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

社員を鼓舞させるのがノルマの狙いのはずが「給料は少なくていいから適当に働こう」と考える人が出てくるのが落とし穴。だから、うちは年功序列で給料が上がる。「こんなに給料をくれるなら、もっと頑張らなきゃ」と積極的に動いてくれる。

山田昭男の名言|年功序列で給料を上げる利点


企画書を作る前にひたすら頭を絞り、「これだったら大丈夫」というところまで考え抜く。そこまですると、企画書を作るために時間をかけられなくなります。ですから、作ることに時間をかけている時点で、その企画書は通らない可能性が高いですね。

藤田晋の名言|作ることに時間をかけている時点で、その企画書は通らない可能性が高い


医学的に「疲労」と「疲労感」は区別されます。やり甲斐や達成感を感じると、疲労が脳によって隠されて、疲労感を感じないのです。

裵英洙の名言|「疲労」と「疲労感」は別


社長に就任し、まずシェアがトップの拠点だけを残し、あとはたとえ利益が出ていても、閉鎖する方針をとりました。
【覚書き|2001年に社長に就任し、経営再建を行ったときを振り返っての発言。同社はバブル期の多角化で赤字体質になっていた】

佐久間庸和の名言|シェアがトップの拠点以外閉鎖する


浮世絵を世界に広めるアイデアはいろいろあります。最先端のメディアアートと組み合わせて、日本の伝統工芸とテクノロジーを紹介するのも面白い。いろいろなやり方で世界に「UKIYOE」を広めたい。

三井悠加の名言|最先端のものと組み合わせる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ