津賀一宏の名言|量を追うのではなく、お客様のニーズにフィットする良い商品を

お客様が何を選ばれるかが一番大事です。プラズマテレビは昨年度の半分の250万台に設定しています。量を追うのではなく、お客様のニーズにフィットする良い商品だけを提供しようと腹を括っています。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ベンチャーを始める際に重視する3つのポイント。

  1. 向こう10~15年伸び続けられる成長性があるか。
  2. 投資を3~5年で回収できるだけの利益を出せそうか。
  3. その事業が世のため人のためになるのか。

澤田秀雄の名言|ベンチャーを始める際に重視する3つのポイント


高校2年生のとき日記を始めて、「これほど面白いものはない!」と感じました。本音でものを言ったり書いたりする機会が少なくなっている世の中だからこそ、たった2、3行でも自分の思いを素直にぶつけられる世界が必要な気がします。

松岡修造の名言|自分の思いを素直にぶつけることの重要性


人並みの努力では、人並みの仕事しかできませんし、部下にも尊敬されません。

北澤俊和の名言|人並みの努力ではいけない


有望な市場には新規参入が相次ぎます。よほど革新的な技術を携えない限りは、価格競争に巻き込まれます。市場が伸びている段階では表面化しなくても、いずれ利益なき繁忙に陥ります。

延岡健太郎の名言|有望な市場に参入することの短所


銀行のニューヨーク駐在員時代、日本からお客様の案内や接待をした経験があります。そのとき気づいたのは、社会的地位が高く、忙しい人ほどお礼状をマメに送り、しかも自筆だということです。それ以降おつきあいした方々も同様で、さらに届くのが翌日であるなど、早いことも共通していました。

和地孝の名言・格言|社会的地位が高く、忙しい人ほど自筆のお礼状をマメに送る


映画の現場に100人のスタッフがいれば、全員が専門職人。100人分の才能が集まる訳。これを活かさなきゃ損だ。

津川雅彦の名言|スタッフの才能を活かさなきゃ損


現在の大きなテーマは技術継承です。社員の約8割は技術系で、分野は水力・火力・原子力・送電・通信・化学と多岐にわたりますが、設備の改良などを続けることにより、技術が途絶えないようにしています。

渡部肇史の名言|現在の大きなテーマは技術継承


人に嫌われるのが嫌な者は、経営者にはなるな。

石橋信夫の名言|人に嫌われるのを恐れないことの重要性


いつ、趣味や遊びに使う時間があるのかと尋ねられることがありますが、私の場合、何かに凝ると一生懸命時間をつくっちゃう。「時間がない」といっても、好きならいくらでも見つかるものです。

鈴木茂晴の名言|好きなことなら時間はつくれる


お笑いグランプリで優勝した芸人さんだって努力しなければ2年で消えるのが芸能界です。2年後を考えて仕事をしないとね。

LiLiCoの名言|2年後を考えて仕事をしないと


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ