津賀一宏の名言|自社の不得手を知ることの大切さ

テレビはお客様からの要求が少ない商品になってしまいました。どこの製品でも映ればいいんだと言われてしまうと厳しい。要求の低い商品は我々は不得手ですから。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

やりたくない仕事があるとき、「別の時間にできないか」「後回しにできないか」と人は考えるものです。そこで、「ここでしかできない」という状態にしてしまう。すると、ラクにタスクをこなせるようになります。

ある無名の思想家の名言が私は気に入っている。「曲がり角は行き止まりではない。あなたが曲がるのをいとわないかぎり」。ビジネススキルとしても人生のスキルとしても貴重な考え方だ。すべてが自分の望むとおり、予想どおりの展開になることなどめったにない。むしろ途中で何度か回り道を強いられたときのほうが良い結果になることもある。

ITの分野は技術革新のスピードが速く、次々と新しい技術が入ってきます。技術者、とくに若い人は先端の技術を使いたがるものです。たしかに出始めの技術というのは性能もいいし、将来性もあります。ですが私は「重要でシビアなシステム構築であるほど、枯れた技術を使いなさい」と言ってきました。技術の「先端」「中核」「成熟」の3段階に分類すると、成熟技術を生かすべきときがもっとあるということです。

外国の人は年をとっても、結構派手な洋服を上手く着こなして、それが実にカッコいいじゃないですか。あの心意気ですよ。「これはインポッシブル」とか「トゥーマッチじゃないか」とか、臆病にならずに、まずはトライすることです。それを続けていけば、いずれは慣れて着こなしていけるようになるんです。

企業も成長しなければ存在意義がありません。余裕がある時こそ、気を緩めず次の一手を打つことが大切です。

昔の日本に「頭(かしら)まわらんだら尾もまわらん」という言葉がある。だから100人の人を緊張させて、大いに成果をあげようと思えば、自分の活動をはたの人が見て「気の毒な」というようにならんといかんでしょうな。うちの社長はもう一所懸命にやっている、「もう気の毒や」という感じが社員のあいだに起これば、全部が一致団結して働くでしょう。けど、そうでないかぎりは、あなたの活動の程度にみな働くでしょう。

自分たちの手でイチから立ち上げた「唐変木」も撤退を余儀なくされました。「唐変木」はベーシックな業態ではなかったために飽きられたということがわかり、撤退を決めました。「これからは好不況に左右されないベーシックな業態を事業の核に据えなければいけないな」という反省が居食屋「和民」に活かされています。

当社では、主力事業の営業利益のうち3割を新規事業に投資しています。主力事業が強い時にも、継続して新しい種を植える努力をしてきました。それが、今、コスメや飲食事業、ホテル事業という形になって少しずつ表れています。これらはそうした「3割投資」を続けてやってきた結果。気まぐれに「あれをやろう、これをやろう」と手を伸ばしているわけではありません。

人間の能力は未来進行形で発展します。たとえ今は実現できなくても、1年後、2年後に実現するつもりで努力を重ね、勉強をすれば必ず成長する。そのためにはまず、自分の能力が無限に発展すると信じることです。

自分で考えて、自分でやってきた結果だと考えていれば、上手くいかないことがあっても「もっと頑張らなきゃ」と思えるはずです。

ページの先頭へ