津賀一宏の名言|自社の不得手を知ることの大切さ

テレビはお客様からの要求が少ない商品になってしまいました。どこの製品でも映ればいいんだと言われてしまうと厳しい。要求の低い商品は我々は不得手ですから。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

井戸は次々とくみ上げないと新しい水が湧いてこない。経営の改革・改善のためのアイデアも同じです。くみ上げ続けると必ず、出続ける。これだけアイデアを出したからもう終わりということはなく、くみ続けることが大事です。

永守重信の名言|アイデアは出し続けることが大切


ほかの会社は、何か問題があっても「とりあえず、来週ミーティングして決めよう」が普通でした。ところが楽天の場合は、疲れていようが時間が遅かろうが、今日やった方がいいことは、当たり前のように「今日やろう」なんです。これって、とてもまともなことですが、実践するのは簡単ではありません。楽天はそういうまともなことを、きちんと実践する会社だったんです。
【覚書き|楽天勤務時代を振り返っての発言】

田中良和の名言|今日やった方がいいことは今日やる


私は、アイデアそのものは、他の人に考えてもらっても良いと考えているんですよ。重要なのは、結果を出すこと。そう考えると、良い発想を思いつかなくても、他人が思いついたことを実行できれば良いわけです。

高島宏平の名言|良い発想を思いつかなくても、他人が思いついたことを実行できれば良い


起業してから数えきれないくらいいろんな方にお会いして、その後も様々な場面でいろんな方に助けていただいて、影響を及ぼし合って、一人では絶対できないような事業を創っていると、人間って素晴らしいなぁ生きててよかったなぁって思うんです。個人事業をやってるわけじゃないんだから、事業を創るのも人の繋がりが本当に大事で、大切にしたいなと思っています。

高橋祥子の名言|人の繋がりが本当に大事


考えることは、いまのビジネスマンにとって重要なことだと思います。昔は知識があったら「生き字引」といわれて尊敬されたものですが、いまはインターネットを使えば何でも簡単に調べられる時代になりました。会社でも、かつては帳簿をつけたりする役割の人はとても大事にされましたが、いまではかなりの部分をコンピュータに任せることができます。知識や情報だけでやってきた人間は、ゆくゆくはリストラされるわけです。

外山滋比古の名言|知識や情報だけでやってきた人間は、ゆくゆくはリストラされる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ