津賀一宏の名言|分類よりもお客様にどう見えているかが大事

白物とかAVといった分け方ではなく、すべての商品がお客様にどう見えているかが大事です。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ネット通販の人気が高いのは、自宅でできる便利なショッピングだからです。自分が一番安心を感じられる家で買い物ができるからです。不安な社会が続くときに、馴染みのある定番商品が売れるのも安心感が得られるためです。これまで長く使ってきた商品であれば、損はしないだろうと考えます。不安材料が少ないのです。

知恵を絞って困難な局面を乗り越える。これは環境対策だけではなく、いまの日本全体に必要なのではないかと感じています。

意外と思われるかもしれませんが、僕自身、ネガティブ思考なので、現役時代に数々のメンタルトレーニングを試し、自分に合ったものを選んできました。

当社の社名は、「FRONT」前線、最先端という意味に「EO」前進を意味するラテン語を付けて、さらに前進すると。

開発室の面接をしているとき、こんなに社内に原石が転がっているのなら、可能性を引き出して刺激を与えればどんどん伸びると思ったんです。

私は高校生の頃、野球部でピッチャーをしていたんですが、肩を壊して医師から一生ボールを握ることはできないと言われたんです。私の目標は野球で日本一になることでしたから、もうすっかり絶望してしまい、フラフラと歩いて自殺の名所である熱海の海岸に行ったんです。すると、私が自殺すると思ったのか、公園の管理をしている方が駆け寄ってきて、話を聞いてくれたんです。すると、その方は「野球だけが人生じゃない。日本一の商売人になればいいじゃないか」といって諭し、勇気づけてくれました。私はその言葉にハッとしました。そうか、商売でも日本一になる道はあるのか、だったら日本一の商売人を目指してみようと。だから、日本一の商売人にならないとあの人を裏切ってしまうことになりますから、途中でやめるわけにはいかないんです。

五分五分でも、現実には戦わざるを得ない場合もある。その際には、次の二つの前提が満たされなければならない。

  1. 始める前に、五分しかない勝算を六分、七分まで引き上げる。最善の努力を尽くす。
  2. 半分の確率で負ける可能性があるのだから、負けたらどうするのか、そのときの対策くらいは事前に用意してかからなければならない。

ときにはそれまでよく知らなかった人や、関わりのなかった分野の相手を取材することもあります。そのような場合でも「絶対に興味が持てる何かがあるはずだ」と思うことから始めるようにしています。人は千差万別で、必ず自分とは違う部分を持っています。

成功するかどうかわからない、たとえ成功しても、儲かるかどうかはまた別の問題……、研究にはそんなギャンブルのような面があります。しかしそれでも挑戦しなければ、進歩は生まれないのも事実です。きっとそれは、一般の会社員の方の仕事でも同じではないでしょうか。

私は凡々たる人間で、リーダーをカッコよく見せ、仕事がやりやすいようにしてあげるのが本当は合っているタイプです。好きな言葉に「凡を極めて、非凡に至る」というものがありますが、それが私の理想です。

ページの先頭へ