津賀一宏の名言|分類よりもお客様にどう見えているかが大事

白物とかAVといった分け方ではなく、すべての商品がお客様にどう見えているかが大事です。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

当社の経営資源は人材。できるだけ多くの社員に経営者になってほしい。その方策として事業ごとに分社化を進め、その初弾が建材事業。当面は社内カンパニーの形になるでしょうが権限はすべて委譲します。

上田哲則の名言|できるだけ多くの社員に経営者になってほしい


固定概念を持たないで、あるべき姿から発想できるのも企業家の条件。

角田識之の名言|固定概念を持たないで、あるべき姿から発想できるのも企業家の条件


1店舗当たりの滞在時間は長くありません。だからできるだけ、フランクに話をしてほしい。その方が、より率直にお客様の声を伝えてくれると思うからです。私が(店長や従業員の)名前と顔を覚えることで彼らが喜んでくれて、結果的に率直に話しやすい雰囲気になるのであれば、覚えることは苦になりません。

関根純の名言|率直に話しやすい雰囲気をつくる


嫌いな人がやった事実だけをノートに書くことをおすすめします。たとえば嫌いな上司がいつまでも帰らずに嫌だと思ったら、「うざい」と書かずに、「今夜は10時までいた」と客観的事実だけを書きます。こうすることで感情に簡単に引きずられなくなり、嫌いな相手とも淡々と接することができるようになるでしょう。

西多昌規の名言|嫌いな相手とも淡々と接することができるようになるには


当社の場合、入社後3~4年でフィールドカウンセラー(FC)として、オーナーに提案をする立場になります。つまり、20代が50代、60代に提案する場合があるわけです。感覚に頼らず、科学的アプローチを基に説明する方がうまくいくのは当然です。

井阪隆一の名言|感覚に頼らず、科学的アプローチを基に説明する方がうまくいく


利益のうち7割近くは海外ですが、国内は海外事業におんぶに抱っこではなく、国内は国内できちんと利益を上げられる体質作りをしていきたい。

堀切功章の名言|国内は国内できちんと利益を上げられる体質作りを


全体を見通すことができなければ、個別の情報を得てもそれは単純な情報=インフォメーションにすぎません。

泉谷直木の名言|全体が見えなければ意味がない


部や課を率いるグループの長は、それぞれが中小企業のおやじさんのような意識、すなわちオーナーズ・マインドを持たなければならない。何かプロジェクトを動かそうというときに、資金はどれだけ必要なのか、投資効率はどうか、従業員のマインドやスキルはどうなるのか、といったことにまで目配りしたうえで、自分の部署に責任を持つ。つまり社長の役割をきっちり分担することが求められる。

堀場雅夫の名言・格言|中間管理職は経営者意識を持て


負けても負けても、やめないことが僕の生き様です。50歳になりましたが、まだまだしぶとく、続けていきます。

森脇健児の名言|負けても負けても、やめないことが僕の生き様


「目は口ほどにモノを言う」という言葉もありますが、実際には目も、手も、指も、身体も、表情もしゃべります。そういう非言語の力を活用することが、伝える際には不可欠。

高田明の名言|非言語の力を活用することが、伝える際には不可欠


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ