羽生善治の名言|もがいて身につけたものの方が、簡単に得たものより後々まで役立つ

このエントリーをはてなブックマークに追加

遠回りしながらも、もがいて身につけたものの方が、簡単に得たものよりも後々まで役立ちます。


羽生善治 の経歴

羽生善治、はぶ・よしはる。日本のプロ棋士。埼玉県出身。小学2年生で近所の将棋クラブの小中学生将棋大会に参加し負けたことをきっかけとして将棋にのめり込み始める。小学6年生で奨励会に入会したのち、中学生でプロに昇格。史上3人目の中学生棋士となった。その後、NHK杯戦優勝回数9回、オールスター勝ち抜き戦16連勝、通算600勝・800勝・1000勝の最速・最年少記録そのほか多くの記録を打ち立てた。史上初の永世六冠。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

力を尽くしてやった結果、会社がつぶれるのならともかく、何もしないでつぶしたのでは父(養父)に申し訳が立たない。

【覚え書き|社長就任当時を振り返って】

リターンに関しては、時間はあなたの味方である。しかし、コストに関しては、時間はあなたの敵である。

「なぜ?」と突き詰めることは、物事の「本質」を考えることです。「本質」を明らかにする作業は、ムダな表現や感情を排除する作業です。ですから、普段から分からないことを曖昧にせず、「なぜ?」をくり返す。そうすれば相手の「なぜ?」にも明確に答えられます。

大企業には何度も騙される。ちょっと上手くいけば、嫉妬した仲間から足を引っ張られる。プレスを始めたときも、それまでは金型屋がプレスに手を出すのは御法度だったから、「生意気だ」と仕事を干されそうになった。ところが苦境に立っても、俺はサラリーマンじゃないから、どうしたらいいか教えてくれる先輩もいない。そこであれこれ工夫して乗り切ってきた。その経験があるから、何とかなるという気持ちになれるんだ。ところが、失敗しないように生きてきた優等生は、そういう経験がないだろ。だから風邪ひいたぐらいですぐ倒れちゃう。こっちはバイキンだらけの中を生きてきてるんだ、免疫力がパンパじゃない。

日本人は非常にチームスピリットが高く、それはそれで大変な美質だと思いますが、そうした文化的な特徴は、もう少し変わっていった方がいいように思います。チームの構成員それぞれが、自分自身のリーダーでもあるというか、自分自身の主人であるという意識をより強く持った方がいい。そうした意識が高まっていけば、自分自身の考え方で、イノベーションやマーケットの変化に対応していけるようになるのではないでしょうか。

話題の詰め込みすぎ、独りよがり、自分の言葉で話していない、評論家・批評家になっている、要約する力がない。これらはすべて「話がつまらない人」の特徴。

我々の現場とは病院です。病院に足を運ばなければ、本当のニーズは見えてきません。

この頃やたらに日本の輸出産業の重要性を強調するにつれて、「戦争前にこうこういう商品は一年幾ら売り上げたからそこまでいかなくちゃならない」とか「これは大事な輸出産業だからシッカリやらなくちゃいかん」というような議論をさかんに聞く。僕はそういうふうには考えない。経済的にも地理的にも新しい国になったのであるからには、今の日本としてどういうものがこの国に適した輸出産業であるか、ということをここで考え直すのが大事な問題だと思う。

地道かもしれませんが、基礎的なものでも、発展が期待できそうな技術、これから芽が出てくるような事業に、産学官で取り組むことが大事。

酒造メーカー専用の会計ソフトは、高額で買えなかった。しかし今思えばここが、当社の命運を分けるポイントでした。結果的に、会計ソフトを使わなくてよかったんです。エクセルにデータを手入力する作業は、確かに手間がかかる。でも、それを上回るメリットがあります。「利益を生み出すためには、この数字が大きく関係している」「コスト増に影響しているのは、この数字」。経営数値同士の関連性がよく理解できて、腑に落ちるんです。

ページの先頭へ