羽生善治の名言|もがいて身につけたものの方が、簡単に得たものより後々まで役立つ

遠回りしながらも、もがいて身につけたものの方が、簡単に得たものよりも後々まで役立ちます。

羽生善治 の経歴

羽生善治、はぶ・よしはる。日本のプロ棋士。埼玉県出身。小学2年生で近所の将棋クラブの小中学生将棋大会に参加し負けたことをきっかけとして将棋にのめり込み始める。小学6年生で奨励会に入会したのち、中学生でプロに昇格。史上3人目の中学生棋士となった。その後、NHK杯戦優勝回数9回、オールスター勝ち抜き戦16連勝、通算600勝・800勝・1000勝の最速・最年少記録そのほか多くの記録を打ち立てた。史上初の永世七冠。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

社員がやりたいと思うことをやらせてみる。面白そうだと思ったらとにかくやらせる。むしろここでは管理しない。仮に失敗したところで、最初の段階なら損失もタカが知れています。それならやらせたほうがいい。

滝一夫の名言|面白そうだと思ったらとにかくやらせる


会社にはビジョンがなければならないし、そのビジョンを実現するための組織やチームには目標がなければなりません。しかし、それに連動する目標を個人に設定するという発想は私にはありません。個人に目標なんていらないと思っています。一人一人がノルマを背負わされている状態は精神的にもきついだろうし、そんなもので追い込んでも、たいして働かないのは目に見えているからです。

星野佳路の名言|一人一人にノルマは与えない


大手電機メーカーに勤めていた頃、「大組織という庇護の下で自分の好きな仕事を選ぶ」なんていう考え方がいかに甘いかを痛感した。サラリーマンという「安定」を求めたのであれば、「やりがい」という自己欲求はある程度犠牲にせざるをえないのが現実だ。仕事を選択する際の基準である「やりがい」「安定」「報酬」の三要素はトレードオフの関係にある。

遠藤功の名言|「やりがい」「安定」「報酬」の三要素はトレードオフの関係にある


これまで店の売り場面積を確保することに力を注いでいたが、それだけでは不十分。消費者が足を止め商品を手にする売り場作りまで頭を働かさなくてはいけない。

鈴木貴子の名言|消費者が足を止め商品を手にする売り場作りまで頭を働かさなくてはいけない


俺は、懸命に仕事してる。仕事をどう充実させていくかに真剣だし、充実させるための気力を養うのに、どう遊ぶかにも真剣。だから遊びだって懸命に遊ぶよ。

北方謙三の名言|真剣に仕事して、真剣に遊ぶ


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ