大前研一の名言|すべての問題は解決できると信じることの大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

やる前から「無理だ」「できない」と言っていたら問題解決はできない。すべての問題は解決できる。そう強く信じることが問題解決の第一歩だ。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

チャレンジしない人生は、意味がない。
チャレンジしない企業も、意味がない。

政治家というのは自分のことは後回しにして人のために、世のために尽くす仕事。

最近、お客さんから言われるんですよ。「この店はちゃんと日本人がやってるの? 毎日、日本人が働いているの?」と。インドネシアの富裕層は日本に何度も旅行しています。博多の一幸舎で食べたからと言って、うちにやってくる。そして「おう、これこれ、日本と同じ味だ」と感想を言って帰っていく。そういうお客さんが徐々に増えてきている。本物志向が高まっているから、「なんちゃって日本食」ではもはや客は呼べません。日本でやるのと同じ味、同じ品質でなくては繁盛店はできません。

大事な時は感性を頼りにするタイプです。「これだ!」と思ったら止まらない。「いいな!」と思った人にはすぐ会いにいく。

人間には脅威的な状況にもどうにかうまく適応しようとする、レジリアンスという能力がある。人間にも植物や動物と同じように、生きようとする本能がある。しかし、レジリアンスは「どうにかしよう」とか、「このままじゃ駄目だ」と、困難を乗り越えようとする意志が当人に芽生えない限り機能しない。植物のレジリアンスを引っ張り出すのが太陽の光であるように、人間も困難を乗り越えたいと将来に光を求めない限り、生への力は発揮されない。

組織には女性も男性も必要。女性は小さく始め、男性は計画を立ててから始める。その両方があるかあらこそ着実に成長できる。

例えば商品が売れないとき、「売れない背景は何か」「現状はどうなっているのか」とフォーマットに沿って自問を繰り返すだけで、課題が浮き彫りになる。

ページの先頭へ