大前研一の名言|できる範囲から問題にとりかかることの大切さ

一から十をやれば問題解決ができるとわかっていても、当事者にそれを実行するだけの能力がなければ、絵に描いた餅で終わってしまう。そういう場合は相手を見て、できる範囲のことだけを提言し、それができたら次はこれというように、順番を考えて少しずつ前に進めていけばいい。これは個人の問題解決でも同じだ。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

気に入ったらみんなとシェア

おすすめ名言

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「のらりくらりと話をそらす人」。このタイプへの対処法はシンプルです。話をそらすポイントが相手の弱点なのですから、こちらはそこに集中すればいい。


独立取締役の法制化は反対です。法律はどうしてもリスクを排除しようとするので、リスクを取らない経営者がよいという評価になりかねないのです。企業の活力を削ぐという両刃の剣のようなところがあります。人間の体で例えるとわかりやすいでしょう。風邪を引くのは仕方がありません。ただ、風邪から肺炎などの重篤な症状にならないようにするのがガバナンスです。ハードロー(法制化して強制すること)はどうしても過保護になり、風邪をひかぬよう無菌室にいろと言いかねないものです。


正直いって、怖かったんですよ、相撲を取っているときは。自分の身体を叩いたりしていたのも、弱い自分を奮い立たそうと思ってやっていた。恐怖心を飲み込むためのファイティング・スピリッツの表れ。


ページの先頭へ