大前研一の名言|できる範囲から問題にとりかかることの大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

一から十をやれば問題解決ができるとわかっていても、当事者にそれを実行するだけの能力がなければ、絵に描いた餅で終わってしまう。そういう場合は相手を見て、できる範囲のことだけを提言し、それができたら次はこれというように、順番を考えて少しずつ前に進めていけばいい。これは個人の問題解決でも同じだ。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

経済的な無理をしすぎてはいけませんが、精神面での背伸びに一切の制限はないはずです。「自分はこの程度」だなんて思わずに、自分がいいと思うもの、素敵だと思うものを徹底的に追究してください。

お金の話で古い常識にとらわれると、買うべきでない金融商品に手を出したり、不要な保険に加入したりして資産を減らしてしまう危険があります。生活者としてバランスよくお金の知識をつけること、そしてその情報をアップデートしていくことが大切。

百貨店に進出する必要はありません。それよりも専門店事業をもっと極めたい。自分たちのビジネスモデルが痛むような他社との提携をする気もありません。我々のビジネスを信頼してくれるお客様に失礼だからです。

数字に対する感覚は、見るだけではなく、自分で数字をつくらなければ磨かれません。自分が所属するセクションの予算や売上目標など、取り扱う数字はなんでもいい。1年間の売上目標に対して、1人あたりどれくらい売る必要があるか、といったように計算してみる。上から与えられた数字を「はい、やります」じゃなくて、自分でつくってみるのです。

短期的な仕事にばかり集中すると、長期的なプロジェクトに致命的な遅れが生じてしまう危険性がある。それを防ぐためにも、13週間(3カ月)分先までの予定を書き出して整理しておきましょう。

私は質疑応答の時間が好きだ。それによって、何が人々の感性に訴えるのか、人々が何に不満を持っているのかがわかるからだ。

よい整理とは、「効率化」という目的に適した環境をつくることであり、すべてのモノをすぐに取り出せるよう配置することです。

ページの先頭へ