大前研一の名言|できる範囲から問題にとりかかることの大切さ

一から十をやれば問題解決ができるとわかっていても、当事者にそれを実行するだけの能力がなければ、絵に描いた餅で終わってしまう。そういう場合は相手を見て、できる範囲のことだけを提言し、それができたら次はこれというように、順番を考えて少しずつ前に進めていけばいい。これは個人の問題解決でも同じだ。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

僕自身集中して仕事をするのは、3時間くらいなので、短時間集中がいいですね。本当のことをいえば、1日8時間働くのだって長すぎると思っています。野生動物を見てください。狩りをするのは一瞬で、あとは木陰で寝ているじゃないですか。それは裏を返せば、仕事は集中力が大事だということです。

やる気のある人ほど厳しい雰囲気の方がいいと思うようです。もっとチャレンジできる仕事がしたいという希望を本人がもっているなら、それをおさえる必要はありません。幸いなことに当社はベンチャー企業なので、挑戦をしたいという人に与える課題には事欠きません。

家計の健全性を侵害して消費に走っても、その消費の結果は決して満足をもたらすものにはならない。企業は、倒産すれば解散するだけだが、家庭は倒産できない。人生から退職することもできない。そういう意味で、家計の健全性を維持することは極めて重要だ。ただし、一時的に健全性が失われても、それを家族全員でリカバーすることを決意でき、その見通しが立つのであれば、一時的な健全性の喪失を過剰に恐れる必要はない。

たまたま売れて利益が出ることもあるが、どこかでおかしくなる。一瞬利益が出て成功しているように見えるので「驕った経営」の状態となり、本人は実力で成功していると思いこんでいるだけ、修正が効かないことが多く、余計に事態は厄介である。

驚くことと面白がることも、人の話を促します。褒めるのもいいのですが、これは意外に難しい。驚くほうが簡単です。「えっ!?」なんて究極の相槌。話がどんどん加速します。

一般的にパフォーマンスを上げるためには、知識やスキルの向上を考える人が多い。だが、そもそも前提条件として、健康であり、心が安定していなければ高いパフォーマンスを出せるはずがない。

もしあなたが管理職で、なぜか部下がついてきてくれずに空回りしていると悩んでいるなら、ものごとを一人で決めずに部下に相談し、部下を仲間に引き入れ、部下と責任を分かち合えるように変わることが大切です。

人間は、最も大切な基本をおろそかにしがちです。しかし、基本をおろそかにした人が大成することはありません。

企業が優秀なエンジニアを採用するためには、大きく3つのことが必要です。「将来性が感じられる魅力的な事業内容であること」、「エンジニアの専門性を活かし、さらに新しい技術を学べるような製品を開発していること」、最後に「高給与、高待遇であること」。この3つがそろっていないと、なかなか採用できないですね。

面倒くさいなと思った瞬間にビジネスチャンスを失う。

ページの先頭へ