大前研一の名言|できる範囲から問題にとりかかることの大切さ

一から十をやれば問題解決ができるとわかっていても、当事者にそれを実行するだけの能力がなければ、絵に描いた餅で終わってしまう。そういう場合は相手を見て、できる範囲のことだけを提言し、それができたら次はこれというように、順番を考えて少しずつ前に進めていけばいい。これは個人の問題解決でも同じだ。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

クラウドを導入すると、アイデアが浮かんでから実現するまでの時間が極めて短くなる。何千台というサーバーを数分間で用意でき、必要なくなったら余計な料金は支払わなくてよい。試行錯誤のスピードが速まれば、それだけ競合より先を走れる。

アンディ・ジャシーの名言|試行錯誤のスピードが速まれば、それだけ競合より先を走れる


良い商品を求めて、百貨店や専門店に足しげく通った時期がありました。どこそこに良い商品があると聞けば、飛んでいくのです。そして当時はガラスケースに収められていた商品を、店員さんにひとつひとつ出してもらい、実際に手にとり五感を総動員してその感触を確かめました。その商品の持つ風合いや繊維の復元力を確かめるには、体で覚えるのが一番です。

越智直正の名言|良い商品は体で覚えるのが一番


強調したいのは、自分の会社、自分の仕事をもっと好きになってほしいという点。私の経験も踏まえ、それぞれが自分の場所で誇らしく働く会社にしたい。

五十嵐一弘の名言|自分の会社、自分の仕事をもっと好きになってほしい


人によって具体的な対象は異なるでしょうが、私の考える良い人生というのは、最後に自分は幸せだと思えるかどうかです。「30代のころはよかった」「40代のころに戻れたら」などと昔を振り返るのではなく、まだまだやりたいことは山ほどあると人生の最後の瞬間においても、目標に向かっている姿勢を崩さずにいる。そんなうちに死ねたら幸せではないでしょうか。

小杉友巳の名言|良い人生とは、最後に自分は幸せだと思えるかどうか


怒りとは電気のようなものであり、一人の人から怒りが放電されると、周囲の人が無意識に怒りで帯電してしまいます。すると、元々怒っていない人にまで放電した人の怒りやイライラが伝染し、周囲の人までそんな気持ちになってくる。科学的には、この現象は脳の神経細胞である「ミラーニューロン」が引き起こしています。その特徴は「他人の動作を見ているとき、脳の中で自動的にその人のマネをする」こと。緊張している人の近くにいると緊張が移ることがありますが、同様に、怒っている人の近くにいると、怒りが移ってしまうのです。

大嶋信頼の名言|怒りは伝染する


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ