大前研一の名言|ロジカル・シンキングが通用するときしないとき

ロジカル・シンキングは、答えの範囲を取捨選択して狭めていくときには有効だが、それでは発想は広がらない。誰も気づかないような答えを出すときにものをいうのは、想像力や直感だ。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

あなたは心得違いをしている。それは運が悪いのでもなし、神明の加護がないのでもない。ただ、あなたの願うことと、することが違うからいけないのだ。

ビジネスでスピードが重要であることは間違いありませんが、自分の成長や夢の実現といった長期的な視点が必要なものに関しては、せっかちに結果を求めないほうがいいと思います。失敗と成功を積み重ねながら、一歩一歩目標に近づいていく。時間はかかっても、これに勝る方法はないと私は確信しています。

プログラミングは、やればやるほど鍛えられる後天的な能力。

売上高を上げることが第一ですが、収益も非常に重要です。ただし、単なるコストカットでは能がありません。調達のやり方などを工夫することによって、まだまだコストは下がってくると思います。それから広告宣伝費。どのビール会社でも莫大な広告宣伝費を使っていますが、選択と集中でもう少しメリハリのついた投資をすべきだと思います。

昔の日本はいま以上に敗者復活が困難でした。それでも私が復活できたのは、きちんとした姿勢で債権者とまっすぐ向き合い、再起したいという思いを理解していただけるまで熱く訴えたからだと思います。少しでも嘘やごまかしや隠し事をしていたら再起できなかったでしょう。

心許すときはしっかりその人を観なはれ。

女子供だからといって、決して軽く扱うべきではない。天照大神様も女神であらせられるし、また、神功皇后も御后様であられ、しかも三韓出兵という大業をなされ給うたのである。なお、幼い者とても軽く扱うべきではない。老いたる者に頼ってはならず、また、若い者にも頼ってはならない。心を正直にして、君を尊崇し民を可愛がる者こそ、聖人と称していいのだ。

社員には「日々、企画。日々、販売」と伝えています。実務にあたる者が常に時代感性を磨き、ブランドを育てていかなければなりません。

僕のように小柄な選手は、常に100%を出し切らなければ、第一線で結果を残すことはできません。その意味では、最大限の体調管理をしてきたつもりです。

起業に欠かせないのは、人脈と信用。開業当初、数多くの方が手を差し伸べてくれましたが、企業再建をやり遂げた経験が評価されたのではと思っています。

ページの先頭へ