大前研一の名言|ロジカル・シンキングが通用するときしないとき

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロジカル・シンキングは、答えの範囲を取捨選択して狭めていくときには有効だが、それでは発想は広がらない。誰も気づかないような答えを出すときにものをいうのは、想像力や直感だ。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

話さない自由があってはじめて、何でも話す自由が保証される。その場しのぎのことをいうくらいなら、しゃべらないほうがまし。何もいわなくていいからこそ、何をいってもいいことが守られる。

今は大企業的なやり方そのものが時代に合っていないと思う。サッカーの試合で、自分の前にいい球が来たとき、監督に指示を求めるわけにいきません。チャンスではその場で瞬時に判断することが必要で、そこでシュートを打てる人をどう育て、あるいは連れて来るのか。この辺にかかっていると思います。

学生のときに試験をイメージして、ここは出題されそうだ、いや、ここは出ないだろうと予想しながら勉強した経験のある人は多いはずです。社会人になってからの勉強も同じです。アウトプットをイメージすれば必要なものが浮かび上がってくるので、効率的に学習を進められます。

神戸製鋼所は事業領域が多岐にわたります。それぞれの部門が自分のことばかりを考えていては、小さな事業体の単なる寄せ集めで終わってしまう。組織に横串を通し、連携することが大事です。

世界の都市を見ていても、活気のある街とそうでない街の違いは、人が集う仕組みにあると感じます。組織にも同じことが言えるでしょう。人の交流があり、何でも互いに言える場をつくることが、活力を生むし、新しい価値を創出する可能性につながっていくのでしょう。

部下に調べ物を頼むときは、目的を明確に伝えるだけでなく、部下が悩んでいたら、進捗確認の機会を設けましょう。互いの認識のズレを正せば、追加調査や再調査のムダが省けます。

業種や個別の状況にもよりますが、大企業ではおおむね課長の手前までは目の前の仕事ができる人が出世します。小学校を卒業して中学校に入るような「卒業基準」です。でも部長や役員に進むには大学入試に合格するような「入学基準」が適用される。つまり、上の役職に見合う判断や組織運営の視点で登用されるのです。

ページの先頭へ