大前研一の名言|人より深く考えることの大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

いろいろな視点の解決策を思いつくためには、人より深く考えることだ。「この答えは、状況がこう変化しても通用するだろうか?」「フレームワークを変えたらどうなるか?」といったように、常に「What if?(~したらどうなるだろう ?)」と問い続けるのだ。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

宿泊代を相場より低く設定しつつお客様に満足していただけるにはどうしたらいいか。考え出したのが、チェックインの自動化。チェックイン機を通して宿泊代を支払ってもらい、チェックアウトを不要にしました。部屋の電話や冷蔵庫のドリンクなど有料のサービスを導入せず、あらためて精算する手間を省いたのです。

悪いのがたくさんあるよりも少なくてもいい映画のほうが、絶対に劇場のほうにとっても有利になってきている。

若い人には大きな視野で物事を見てもらいたい。インターネットで情報が集められる時代ですが、現地に行って初めて感じられる空気や感覚は、何にも代えられない貴重な体験となります。それがビジネスにも活きるでしょう。

強い気持ちを持つには、人生を大局的に見ることだ。あらかじめ自分の生涯の路線を決めておく。そうすると、まわりの小さな利益とか細かな問題は放っておいてもいいんだから。

いまの40代にも、20代、30代のころとそれほど変わらずに、最前線を走り続けている人が多いのではないでしょうか。体力にもまだ自信があるし、若い世代に負けない経験という武器がある。しかし、その先を考えるなら、ただ走り続けることに熱中しているだけではダメです。技術者なら技術の面で、営業マンなら営業力の面で、どんなに努力しようとも、若い世代と勝負できなくなるときが、いまにやってきます。できる人ほど「自分は大丈夫」と考えてしまいがちですが、考えを改めたほうがいい。そもそも、求められるスキルが変わってくるのですから。

僕には「同期の飲み会には参加しない」という持論があります。仲間と愚痴や他愛もない話をする時間を過ごすよりも、自分を高めてくれる人と過ごしたいという思いが強い。

ある商談の日、朝9時のアポイントだったのですが、ちょうど交通機関が麻痺してしまうほどの大雪が降った日でした。都心から1時間ほど離れたその取引先に、約束時間にたどり着けたのは私だけ。ほかの営業マンは、みんな遅刻しました。私としては、チャンスはこれしかないと思っていたわけですから、とにかく必死です。すると、対応してくださった役員の方が、「よくきたな」と感心されてその日の午後には、商談が成立したんです。

ページの先頭へ