大前研一の名言|人より深く考えることの大切さ

いろいろな視点の解決策を思いつくためには、人より深く考えることだ。「この答えは、状況がこう変化しても通用するだろうか?」「フレームワークを変えたらどうなるか?」といったように、常に「What if?(~したらどうなるだろう ?)」と問い続けるのだ。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

父の死去に伴い、角川書店の社長に就任したのは私が33歳のときである。かつての角川書店は、印税が半年先でないと払えないような苦しい経営状態だった。私が20代に手がけた翻訳本がベストセラーになり、印税は支払えるようになったものの、伝統ある大手出版社にはまだ及びもつかない。売れっ子作家を多数抱えているライバルに勝つために私が選んだ方法が、「映画」だった。

角川春樹の名言|ライバル会社が手を付けていない分野に挑戦することの大切さ


長女にはとくにお小遣いは渡してはおらず、働いてお金を得ることを教えています。部屋の掃除や身の回りのことをやらせるたびに、お金を渡し、ブタの貯金箱に貯金させます。欲しいものはそこから自分で買わせています。

ジム・ロジャーズの名言・格言|子供には、無償でお金をあげない


インターネットはゲーム化してきています。つまり、誰にでも楽しめて、分かりやすいものが支持されている。

田中良和の名言|インターネットはゲーム化してきている


取捨選択は経営者にとって大事な視点です。会社を強くするためには、主力となる事業の幹を太くしていかなければなりません。投資は無限にできるわけではない。バッファーは必要ですが、将来の柱にならないものに投資をする余裕などありません。

小林一雅の名言|取捨選択は経営者にとって大事な視点


単純なモノ作りの時代は終わったわけです。そこでどう成長を遂げていくか。注力するのは「もうける仕掛けづくりが複雑なもの」と「社会的ニーズがあるもの」に絞っています。それぞれの事業の規模は売上高が年間数百億円規模と小粒かもしれませんが、そうしたものをいくつも手掛けていく。

小林喜光の名言|「もうける仕掛けづくりが複雑なもの」と「社会的ニーズがあるもの」に絞る


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ