大前研一の名言|人より深く考えることの大切さ

いろいろな視点の解決策を思いつくためには、人より深く考えることだ。「この答えは、状況がこう変化しても通用するだろうか?」「フレームワークを変えたらどうなるか?」といったように、常に「What if?(~したらどうなるだろう ?)」と問い続けるのだ。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は大企業の事業再生を手掛けてきましたが、業績が悪くなると、やれ開発部門が悪い、営業部門が悪いとお互いの所為にしていることが多いですね。個人としてはちゃんと仕事をしているが、会社全体としては事業が上手く回っていないという象徴です。強烈な反省論の言葉の意味は、業務に関わっている人間が、他人や他部門の責任にするのではなく、業績が悪くなったことに社員一人ひとりが自分も関わっていると受け入れることです。「あっちも悪かったけど、自分もまずかったな」という表現が出てくるかどうかが重要です。

私は青春とは年齢ではなく心のあり方だと思っているんです。「烏貴族」に最後まで夢を託しながら、一生青春で人生を終えられたら最高ですね。

結局、自分が生きて今ここに在るのは祖先のおかげであって、つまりは自分を超える何者かに「生かされている」のだと思わなければならない。

会話下手の相づちは「はい」とか「ええ」とただ言葉を発しているだけなんです。大事なのは相づちに気持ちを込めて「あなたの気持ちをこう感じましたよ」と返すことです。会話が続かない人の相づちは、相手から見ると、その気持ちがまったく感じられない、という場合が多いですね。

頑張っているのに評価されない場合、おそらく、本人の自己認識と他者から見た本人像との間のギャップが原因でしょう。本人が努力したつもりでも周囲はまだまだ足りないと思っていたり、成果を上げたつもりでも、周囲が求めているものとは違っていたり。両者のズレを修正することが必要ですね。

経営は謙虚な心で。これは私の持論です。トップが謙虚に人の話を聞こうと心がけていれば、部下は自然に心を開き、貴重な知恵や情報を提供してくれるようになります。悪い情報を打ち明けてくれるようになれば、なおさらしめたものです。それらは改革の筋道さえ示してくれる資産です。

いよいよ世界戦略を本格化させるタイミングで、もう一度長期的な経営プランを練り直す必要があると考えました。10年を超えるスパンでの長期シナリオをまず固め、中長期計画に落とし込んでいくつもりです。そのためには専門部署をつくり、社内の人間を鍛えねばなりません。コンサルタントに丸投げしていては、会社の力がつかない。

一昔前に日本企業で成果主義の導入が流行しましたよね。各社さん、導入に四苦八苦されたと思います。しかし、あれは右肩上がりの時代のアメリカの制度ですよ。それをいきなり日本に持ってきても、うまく定着するはずがありません。日本には日本式経営があり、それは日本の文化に根ざしたものです。同じように中国には中国的な経営があり、中国の文化に根ざしている。ですからTOTOジャパンはTOTOジャパンの経営スタイルでいけばいいし、TOTOチャイナはTOTOチャイナのスタイルでいけばいい。現地化とはそういうことです。

達成した成果をリーダーがすべてやり遂げていると思ってはいけません。実現するのは従業員なのです。まさに人がパワーの源泉なのですから、リーダーは個人を奮い立たせることが重要です。

可能なら、本人に直接聞いてみるのが一番。相手の生い立ちや今日までのことを聞くと、その人の価値観が表れていることが多いんですよ。たとえば「なぜこの会社に入ったんですか?」と聞いて、「給料がよかったから」と答えたら、利益重視の人かもしれない。そこから話をふくらませていけば、相手の考え方や求めているものがわかるはずです。

ページの先頭へ