大前研一の名言|問題解決の基本

このエントリーをはてなブックマークに追加

問題解決の基本は疑問を持つこと。この結論が最善の結論だというところを疑ってみる。そうすると問題解決の糸口が見えてくる。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

(ペン入れは)ビクビクしながらやっている感じですね。「この線で正しいのかなー」っていうのが常にあって。

人は苦境に陥ると、近視眼的に目先のことにとらわれがちになります。そして、必要以上に不安になる。そうなると、絶望したり、逃げ出したくなったりして、逆転の可能性を残しているにもかかわらず、負けを認めてしまう。だから苦境の時こそ、長期的な視点、つまり全体を俯瞰して見ることが重要になってきます。

いまは下にいる者の方が情報に精通しています。ITというのは本当にすごくて、組織の下が上よりも知るようになり、上が何も知らないバカだということを見抜いています。現場の情報を斟酌(しんしゃく)することに長けた偉いトップもいますが、経営トップの回転の遅いギアに、若手の高速回転のギアをつなげたって、ゆっくりとしか回れないのです。

私がよく担当者に怒ったのが、目先の売上を確保しようとしてすぐに安売りに走るなと。安易に安売りに走っていては、いずれ値段をゼロにしなければなりません。

歴史的に生産性が低いサービス業であっても、人材とICT(情報通信技術)を組み合わせることで飛躍的な成長を遂げることができる。

できることはやる。できないことはやらない。しかし、すべての責任はこのわしが背負う。

よい組織は「5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)」ができているといわれますが、それに「スマイル」を加えた「6S」こそ、結果を出せるチームの条件。

ページの先頭へ