大前研一の名言|問題解決の基本

問題解決の基本は疑問を持つこと。この結論が最善の結論だというところを疑ってみる。そうすると問題解決の糸口が見えてくる。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自分の道は自分で決める。

アイデアとは、既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない。

サービスひとつひとつには目的があります。日記を気軽に書けるようにする、ブックマークを共有できるようにする、というそれぞれの目的に特化して一所懸命開発してきました。

私は旧満州の奉天で終戦を迎えました。戦争に負けるということがどんなことか、子供心にもわかりました。力がなければダメだ、国も力がなければダメだし、人間としても力がなければダメ。力といってもむき出しの暴力やそういう力ではなく、本当の実力、それがないと何にもできません。

決断は、起業家にとっての宿命です。しかし考えてみれば、人類の知恵というのはリスクをヘッジすることで進化し、文明を発達させてきたのです。

人間に「徳の人」と「才の人」とがある。徳の人は大将の器です。才の人は補佐役になるべきです。リーダーとして地位が高ければ高いほど、技量的能力よりも徳の方を要求されます。

皆さんの仕事の中で、自分1人で完結するものは少ないでしょう。複数の人や業務と絡み、影響を与えながら進行するはずです。時代も同じで、様々な出来事が互いに影響を与え合いながら進む。

自分が自分らしく楽しめることが、いつでも「立派な目的」を伴っているとは限りません。わくわくして動きたくなったら、「儲かる」とか「こんなに勉強になる」とかいう損得勘定は捨ててしまった方がいい。わくわくする気持ちがあれば、目標を持って取り組んでいた仕事も、辛いと思っていたほかのことも、楽しいものに変わります。わくわくする気持ちが、すべてを明るく照らしてくれるのです。

私もかつてはマイナス思考でしたが、司法試験の勉強中に「絶対に受かる。そのためにはどうすればいいか」とHOWの質問を習慣づけてきたことがきっかけで、プラス思考に切り替わりました。自分に対する適切な質問は人生を変える力もあるのです。

大富豪の方々はいつも20年後、30年後のことばかり考えておられます。あるお客様は、次の東京オリンピックに備えて競技場周辺の土地を所有されていますが、お買い上げ、になったのは2000年前後だそうです。「東京でまたオリンピックを開催しようという動きがあるようだ」と聞けば、すぐさま手を打つのが大富豪です。

ページの先頭へ