大前研一の名言|問題解決の基本

問題解決の基本は疑問を持つこと。この結論が最善の結論だというところを疑ってみる。そうすると問題解決の糸口が見えてくる。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

いま農家を継ぐ人が少ないのは、価格が安すぎることも一因です。農作物は人間の体をつくるものなので、もうちょっと関心を持たれるべきだし、ありがたいことに関心を持ってくださる方は10円、20円高くても、買ってくださいます。


机上の勉強はあまりしません。技術に関しては、優秀なプロフェッショナルが周囲にいるので、自分は会話に必要なエッセンスだけを知っておくつもりで、関連本を読む程度です。


今日やるべきことを見える化することは、仕事の時間を減らすだけでなく、仕事量そのものを減らすことにもつながります。仕事を抱え込みがちな人はそもそも、仕事を引き受けた時点では「何とかなるだろう」と思っていることが多いものです。しかし実際は、手をつけられないまま時間だけが過ぎていき、気がついたら期限直前になってしまうのです。


英語は下手でも、基礎がしっかりできていれば大丈夫。交渉ごとも条件があいまいなままではサインはしません。自分がわかるまでじっくりコミュニケーションすれば、外国語の問題は克服できる。


昔は後輩であってもライバルという意識が強くありました。最近は、何かあったときに答えられるように、後輩のプレーをきちんと見たり、勉強をしています。コーチには言えないけれど、先輩には言えるということもあるので。人によって最善の方法は違うので押しつけはしませんが、相談や質問されたときにアドバイスができるように準備しておこう、と自然と思うようになったんです。


コーチにすれば、選手に質問すると、「この人は、そんなことも知らないのに指導者をやっているのか?」と思われるのではないかという不安があるかもしれません。だからついつい答えを教えたくなるのですが、そうではなく、質問を繰り返すことで選手に考えさせ、自分で答えを出させることが重要なのです。この時大事なのは、上手に聞いてあげることです。


才能だけでは超一流にはなれません。スポーツに限らず、世界をリードする数多くの成功者に共通するのは、「最高レベルのモチベーションを長期間維持ずる能力」に長けているということです。


アメリカの家具店の視察に行ったとき、豊かさの価値観が変わってね。日本でもこの豊かさを実現したいと思ったんです。そして本格的に経営の勉強をはじめたんです。


買収して業績の数字だけを追っていても相乗効果は出ません。大事なのは価値観を統一させること。


感情を言語化することは効果的です。紙に書くことで、自分自身を客観的に見られるようになります。感情を整理した言葉にして気持ちを落ち着かせると、かなり怒りをコントロールできます。


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ