大前研一の名言|問題解決の基本

問題解決の基本は疑問を持つこと。この結論が最善の結論だというところを疑ってみる。そうすると問題解決の糸口が見えてくる。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

事態をどうやって切り抜けるかという意味では、緊急時も平常時もやるべきことは同じです。土壇場を切り抜けるための解決策を考えようとすることで、一歩ずつ前に進んでいくことができるのです。

猪瀬直樹の名言|いつでも解決策を考えようとすることが大切


コミュニケーションは、提案をするとき以前の、毎日の行動とつながっています。提案を通したいなら、持ちかける相手である上司と、普段から良い関係を築くこと。信頼関係の素地を作るために、ランチや夜の一杯などを通して、交流を深めておきましょう。

山岸和実の名言|提案を通したいなら普段から人間関係を築いておく


新製品の第一弾となったのが、デジタルカメラでした。デジカメには、半導体デバイス、電子回路、光学系の三つの技術が必要ですが、当社が得意とするのはレンズなどの光学技術しかありません。この光学技術を生かせるよう、高画質を追求した戦略がうまく当たりました。デジカメの成功で社内が活性化され、赤字だった既存のカメラ事業さえ黒字転換する効果も出ました。

岸本正壽の名言・格言|自社の持つ技術から新しい事業を作り出す


国際保健会議で金融危機について基調講演を行うため、10か月ほど前から経済学や金融危機に関する本を中心に読み漁り、勉強を重ねてきました。勉強するうちにわかったことのひとつは、それまで脚光を浴びていた多くのエコノミストたちが、金融危機を境にすっかり姿を消してしまったことです。市場主義経済があたかもすべてを解決するかのごとく語っていた彼らの話が間違いだったことが、金融危機によって証明されたからでしょう。

宇野郁夫の名言|金融危機後、市場主義経済至上主義のエコノミストたちが消えた


冷凍食品の場合、もともと水産業からスタートしている会社は水産原料が自由になるという強みを持っています。しかし、当社はそうでない。エビフライであれば、「エビをたくさん持っている水産系の冷凍食品会社に勝てっこない。太刀打ちできなくて当たり前だ」という意識がありました。それではいつまでたっても、シェアを拡大できません。ならば、当社の強みは何か、どうしたらいいのかを考えなければならない。そこで、大きなエビを格安に入手できないからこその商品開発にチャレンジしました。つまり、大きなエビを一尾使うのではなく、小さいエビをたくさん使い、加工食品としての味を追求したのです。まさに逆転の発想です。苦労して生み出されたのが「エビ寄せフライ」。大ヒットしました。

山口範雄の名言|逆転の発想をする


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ