大前研一の名言|ほかのジャンルにアンテナを伸ばすことで発想が広がる

目の前の問題だけを脂汗を流しながら凝視していても発想は広がらない。歴史や地理、ほかのジャンルなどいろいろなところにアンテナを伸ばしてみるといい。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

我々は今日、怒涛のように流れ込む情報の渦の中に生きている。押し寄せる情報をまともに取り込もうとしていたら、意思決定など創造的な仕事をする時間を失ってしまう。大切なのは、膨大な情報の海からキラリと輝くものをいかに見いだすか。

古森重隆の名言|大切なのは、膨大な情報の海からキラリと輝くものをいかに見いだすか


遠慮と謙虚さが入り混じった「いい人」のツラの裏に打算があるヤツが多すぎる。俺の役割はこいつらにバカヤローとかまして化けの皮を剥ぐことだ。

泉谷しげるの名言|俺の役割は「いい人」のツラの裏に打算があるヤツらにバカヤローとかまして化けの皮を剥ぐことだ


推進派に反対派の立場から課題に言及してもらう、または逆もしかりという技法も有効です。なぜならば、当事者意識があればあるほど、自分たちの戦略構想の穴や心配点は熟知しています。それをあえて出してもらうことで、企業の目的に向けて互いにニュートラルな視点を持ってもらうのが狙いです。こうして抽出された論点が、決断にあたって有効な素材として生きてくるのです。

籠屋邦夫の名言|反対派の立場に立って考えてみる


土日に仕事が入った場合、少しでもいいから遊びの時間を入れるようにしています。3時間空けて街まで出てぶらぶらするなどです。土日も働きづめでは疲れるだけなので次の週が乗りきれないでしょう?

ロバート・A・フェルドマンの名言・格言|土日に仕事が入ったら


化学会社における基準としては、だいたいの目安として「100億円の売上があった商品は、新しい化合物を作ったのと同じぐらいの成果である」と考えられています。今、オリセットネットは1セット5ドルで年に3000万セット作っているから、年に150億円ほどの売り上げがあるんですね。新しい化合物を作ったくらいの成果を上げられているなんて、と、その結果には驚いているんです。

伊藤高明の名言|100億円の売上があった商品は、新しい化合物を作ったのと同じぐらいの成果


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ