大前研一の名言|すべては仮説に過ぎない

このエントリーをはてなブックマークに追加

ユダヤ人たちは、もともと誰かが正しい答えを知っているという前提に立っていない。すべては仮説に過ぎないのだから、徹底的な議論を経ないと最善の答えは導き出せないと考えている。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

やる気の源泉は十人十色です。ある人は上司に褒められることかもしれません。ほかの人は上司の評価ではなく自分が納得できる仕事をすることの方が優先順位が上だったりします。だからこそ、上司は部下の一人一人とコミュニケーションをとり、何をモチベーションの源泉にしているのかを知ることが重要なのです。

自分で必要だと思って行動しないと、メダルには届かないと思います。だから、スカウトする時点で私生活や性格まで、いろいろな情報を集めます。社会人になって伸びるのは、目的意識を強く持っている選手です。自分にとっての一番のコーチは自分だと意識しないと伸びません。

もちろん悩みを他人に相談することができるならよいと思います。仕事の悩みを、何かに書き出すのもお勧めです。活字にあらわすということは、論点を明確にすることですから、自分の悩みを根本的に知ることにつながります。

記憶すべき情報・知識かどうかを検討した結果、記憶すべきだと自分で判断したものは、記憶しやすくなる。

最初からやる気のない人はいないと思っています。だから、往生際が悪くても、多くの社員を輝かせる方法を打ち出していきたいと思います。

社員には新しい価値を作り出せる人になって欲しい。場の空気を読む人ではなく、空気を作れる人になって欲しい。

ビジネスの世界はすべて約束で、その約束は必ず守られなければならないし、結果に対して責任を取らねばならない。

ページの先頭へ