大前研一の名言|議論を戦わせ仮説を検証することの大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ユダヤ人は大勢で何かを決めるとき、誰かがあることを主張したら、別の誰かが悪魔の使徒になったかのごとく、「なぜぞうなのか?」「こっちの方がいいのではないか?」と反論する。悪意ではなく、その主張が正しいかどうかを議論を戦わせることで検証するのが目的だ。それで最終的にこれが正しいという結論が出たら、今度はそれまで反対していた人も含めて、全員がそれを支持する。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

読書というのはもう極めて人間にとって大事なことだと思っております。知識を身につけられるということもありますが、本を読むことで優れた人、あるいは優れた生き方、優れたサクセスストーリー、いろいろなものに触れられます。

いつまでも愛される商品を育てるためには、常に誰にも真似のできない価値を付け加え続けられるかが勝負。

私がPC98や大型OSの開発責任者だったとき、開発チームの思いはただひとつ「日本語の使えるパソコンを作りたい」ということでした。半年近く、自宅に帰らず、泊まり込みで開発を続けましたが、文句を言う技術者はいませんでした。苦しい作業でしたが「世界初」の夢を実現させようと、皆、憑かれたように開発に打ち込みました。ソフトウェアが完成したときは、手を取り合って喜んだものです。

当たり前だと思っていることでも「なぜなのか」「どうすればできるのか」を深く考えながら読むのと、通り一遍に読むのでは、書類から読み取れる情報が大きく違ってくる。その情報が、自分の知識体系にきちんと統合できるかどうかにも影響する。

凡人、普通の人というのは、システムアプローチ、つまり決められたことをこなす能力は高いけれど、パラダイムを変えるような革新的な発想はできません。ですから効率は効率で大切ですけれど、革新的な発想を持った奇人変人も大切にしなければいけないのです。

日本では、プロレス流に言うと北朝鮮が悪役、日本が善玉という構図が染みついています。常々私が言っていることは、日本の物差しだけで相手を測ってはいけないということ。「外交に勝利なし」という発想に立つ必要があります。

説明の一番いい方法は、自ら実例を示すことです。百回の説明も、一回の実例を示すことに及びません。

ページの先頭へ