大前研一の名言|本質的な問題に焦点を合わせることの重要性

問題解決に関して「本質的な問題」と「単なる現象」を区別することが大事だ。たとえば、ある企業の収益が下がり続けているとする。その原因を分析したら、どうやら開発コストがかかりすぎて収益を圧迫しているということがわかった。それで開発コストを削減することによって解決を図ろうとした。よく耳にする話だが、こんなのは単なる現象への対症療法にすぎない。対症療法をいくらやっても本質的な問題が解決されなければ、また別の形で問題が出てくる。つまり、現象だけを相手にしていたら、いつまでたっても問題解決にはならない。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

当社が会社設立115周年を迎えることができたのも、事業内容を時代に合わせて進化させ、顧客のニーズにマッチした商品やサービスを提供し続けてきたからだと思います。

いついかなるときでも、誰からも後ろ指を指されることのない、立派な仕事をしていくことでしか実のある職務経歴書はつくれない。そのことを踏まえたうえで、あえて会社を踏み台にしなさい。

これからは個人的に自分が好きなものや面白いと思ったもの、自分はこれがやりたいんだっていうものを出していけば、ちゃんと反応が返ってくる時代にしたいって思って活動していたら、「YELLOW DANCE」や「恋」がヒットして、その証明になりました。

雨の日は傘を持って、駐車場に来たお客様を出迎える。挨拶は不自然な「いらっしゃいませ」より「こんにちは」「こんばんは」。車を取り付ける部品をよそで買われたお客様も大歓迎。オートバックスから独立し、自分の店を開いてから実践してきたサービスは、どれもお客様に喜ばれたいという一心で導入したものです。

同業他社さんのやっていることに興味はないですね。社員たちにも以前、「他店見学をしてはならない」と禁じたこともあります。人間はよその店を見て、どこかいいところがあると、まねしたくなる心理が意図しなくても働いてしまう。ものまねではけっしてその上にいくことはできません。ただ、単に「ものまねはするな」といっても、実感としてなかなか伝わらない。そこで、「他店を見るな」という厳しいいい方をしてまで、自分たちで「顧客の立場で」考える視点を徹底させたのです。

貧しい人々の物質的な貧しさだけでなく、その精神的な傷口にも私たちは手当てをしてあげねばなりません。私たちが彼らとひとつに結ばれて、その悲しみを心から分かち合うときにのみ、彼らの生活に神をもたらし、また彼らも神に近づいて癒されるのです。

私どもが仕事をするのは生活のためであることに間違いはないが、それだけだろうか。このほかにふたつの目的がある。ひとつは修行のためであり、ひとつは社会のためである。

成功するかどうかわからない、たとえ成功しても、儲かるかどうかはまた別の問題……、研究にはそんなギャンブルのような面があります。しかしそれでも挑戦しなければ、進歩は生まれないのも事実です。きっとそれは、一般の会社員の方の仕事でも同じではないでしょうか。

チーム内にやる気が高い人がいないとしても、他のチームや社外にはいるはず。そうした人たちと交流することで、そのやる気をもらうことも有効な方法です。

「固定概念と先入観は最も悪」「過去の事例を参考にするな」と社員に徹底しています。私たちは今までにないビジネスモデルをつくっているわけですから、仮説検証をしながら自分たちでノウハウをつくっていくしかありません。そのためには、僕がそうだったように、一回の失敗でくじけず、どんどん挑戦していくしかないんです。

ページの先頭へ