大前研一の名言|本質的な問題に焦点を合わせることの重要性

このエントリーをはてなブックマークに追加

問題解決に関して「本質的な問題」と「単なる現象」を区別することが大事だ。たとえば、ある企業の収益が下がり続けているとする。その原因を分析したら、どうやら開発コストがかかりすぎて収益を圧迫しているということがわかった。それで開発コストを削減することによって解決を図ろうとした。よく耳にする話だが、こんなのは単なる現象への対症療法にすぎない。対症療法をいくらやっても本質的な問題が解決されなければ、また別の形で問題が出てくる。つまり、現象だけを相手にしていたら、いつまでたっても問題解決にはならない。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「あそこに頼んだらいいよ」と、お客さまに選ばれる会社、日本一のサービスを提供できる会社にすることが私の夢。各分野でプロを養成して、どんな問題にも対応できる会社にしたい。

様々な経験を重ねてきたなかで、実は昨年の秋から今年の春まで、半年間ほど活動を小休止していました。理由は、僕自身が音楽を続けていくことそのものを見つめ直す時期に来ていたから。

鬼塚(喜八郎、アシックス創業者)さんも言っていた「頂上作戦」をやっています。頂上とは、日本ではオリンピック選手だし、世界でいくと世界記録を出している選手ですね。このトップラインは、ナイキもアディダスも勝てるかどうかの難しい世界ですよ。そこで選手のニーズをくみ取って、徹底的に技術と商品を磨く。頂上がとれれば、その後で中間層も追随します。そうやって商品は浸透するんです。

「俳優の仕事を続けていこう」と思ったのは、映画完成後の初めての試写会で、お客さんが笑ったり、泣いたりしているのを見たときです。背中に氷が入ったようにゾクゾクすると同時に、「もっとこの仕事がしたい!」という思いが自然とわいてきたんです。とはいえ、すぐに仕事はできません。それから数年は、お金もなくて大変でした。でもそこで、そのときの思いを捨てなかったから、いまの自分があるんだと思うんです。
【覚書き|初主演映画『どついたるねん』出演した当時を振り返っての発言】

事業を成功させるうえで何よりも大切なのは、その事業がうまくいけば将来どうなるのかという「ビジョン」です。

やっているうちに目標は上がっていくので、また違うものを見ています。

スバルはこうきたか、とお客様の心を打つ商品をつくり続けなければ。

ページの先頭へ