白石達の名言|人間、失敗を経験したほうがより成長する

このエントリーをはてなブックマークに追加

人間、失敗を経験したほうがより成長します。失敗を恐れずに自分の考えを主張し、途中失敗しても最後に成功したら、「ほら、上手くいったでしょう」と胸を張ればいい。私自身、そうでした。


白石達 の経歴

白石達、しらいし・とおる。日本の経営者。建設会社の大林組社長。大阪出身。東京大学工学部建築学科卒業後、大林組に入社。建築部門でオフィスビルや工場などの建設工事を担当し、取締役、東京建築事業部副事業部長、常務取締役、常務執行役員、専務執行役員東京建築事業部長などを経て社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

これからの時代をどう考えるかということを探求しておけば、そんなに大きな失敗にはつながらない。

会社での失敗を「個人的な失敗」と捉えずに、「上司や周りも責任を負うもの」と考えましょう。失敗で思い悩んだら、最後は「これで死ぬわけじゃない」と考えればいいのです。

人間の脳が一番活性化するのは想定外のことが起きたとき。色んなことに挑戦し続け、想定外のことに直面し、失敗も重ねる。そうすると、徐々に勘が働くようになる。

失敗しないような仕事ばっかりやっていたら、新しい技術が身につかないから、会社は伸びないし、いい仕事も来なくなる。

苦労のない成功より、学びのある失敗の方が、たくましいビジネスパーソンとしての成長につながります。

一流の進学校から名門大学に進み、有名企業に就職して順調に出世を重ね……といった、失敗を知らない人のほうがある意味大変でしょうね。一回の失敗で打ちのめされてしまう危険性がありますから。

多くの人は、無理だと思うことには挑戦しない。でも、挑戦する勇気が必要。失敗は次のアクションを改善するために必要不可欠なもの。

ページの先頭へ