木村尚義の名言|失敗なくして成功はない

このエントリーをはてなブックマークに追加

会社員としては失敗ばかりしているわけにもいきませんが、失敗なくして成功はないのも事実です。失敗を恐れず、とにかくアイデアを出してみる。そして実行してみる。それが発想力を鍛える第一歩です。


木村尚義 の経歴

木村尚義、きむら・なおよし。日本の経営コンサルタント。東京出身。流通経済大学卒業。ソフトウェア開発会社勤務、OAシステム販売会社パソコンショップの立て直しなどを行ったのち、外資系IT教育会社に入社。その後独立し、創客営業研究所を設立し、研修会やセミナーを行った。そのほか、アカデミーヒルズ六本木ライブラリー個人事業研究会会長などを務めた。著書に『「ムダ」が多い人ほど、よく伸びる 思わぬ成果を上げるラテラルシンキング仕事術』『ずるい考え方 ゼロから始めるラテラルシンキング入門』『「ずるい思考術」練習帳』ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

大事なのは、アウトプット(実践)の回数を重ねること。そうする中で失敗も経験するでしょうが、そこから学んで次につなげられることはたくさんある。

どんな名経営者でも、必ず失敗している。失敗から何を得るかが大事。

失敗とは、自分の間違いに気づき、変わるきっかけを与えてくれる貴重な経験。

失敗した時ほど、マイナスをプラスに転じるように頭を切り替えることが何よりも大事。

どんなに慎重になったとしても、ビジネスの世界において失敗のリスクをゼロにすることはできません。

これからの時代をどう考えるかということを探求しておけば、そんなに大きな失敗にはつながらない。

失敗してもそれを認識して行動し、また失敗しても最後までやる。それを早くやれば、絶対に成功する。

ページの先頭へ