オグ・マンディーノの名言|行動のみが人生に力と喜びと目的をもたらす

このエントリーをはてなブックマークに追加

行動なき計画は消え去る夢にすぎないことを悟りなさい。心に抱く大望を天高く描くことをせず、何事も確信せず、失敗を恐れて行動に移すことがなければ、その望みが叶うことはない。潮が自分に向かって満ちてきているのを見ていながら、海に飲み込まれるまで眠りこける人を、浅はかでないと言えるだろうか。運命をより良い方向へと変えるチャンスが自分のところに来ているというのに、そのチャンスが隣の人に行ってしまうまで考え込む人を、愚かでないと言えるだろうか。行動のみが人生に力と喜びと目的をもたらす。


オグ・マンディーノ の経歴

オグ・マンディーノ。米国の小説家、講演家。保険のセールスマンを経て、米国ビジネス雑誌サクセス・アンリミテッド・マガジンの編集長を務める。在職中に書いた小説『地上最強の商人』がベストセラーとなる。自己啓発小説の草分けとして数多くの国で翻訳出版され、世界的ベストセラー作家となった。主な著書に『この世で一番の奇跡』『この世で一番の贈り物』『十二番目の天使』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

いま自分のことを簡単に「負け組だ」と言う人が増えている。それじゃダメ。やりたいことをやるためには、失敗や挫折を怖れず、根拠がなくてもいいから自信を持つべきだ。

部下が何度も同じ失敗をするときは、部下の話をじっくり聞いて、根本原因を探るべき。

所詮、世の中の出来事は生き物と同じで、その動きを前もって予測することは不可能です。ですから、賢明な人であっても、案外愚かな失敗をする者が多いのです。

小倉(昌男)さんというカリスマ経営者が育て、歴代の経営層が大きく成長させてきた企業の何を変えて、何を守るのか。経営とは取捨選択の連続です。その中で私を突き動かしてきたのは、「為さざるの罪」という言葉でした。正しいと信じたら失敗を恐れず行動する。何もせずに文句ばかり言うのは罪だという意味が込められています。

私はあまり引きずらないというか、「引きずらないように努力する」というほうが正確でしょうか。失敗をできるだけ早く忘れるようにしているんです。これは昔からそうですね。

良い環境だったら、むしろ失敗していたかもしれない。

人間の脳が一番活性化するのは想定外のことが起きたとき。色んなことに挑戦し続け、想定外のことに直面し、失敗も重ねる。そうすると、徐々に勘が働くようになる。

ページの先頭へ