団野村の名言|嘘をつく人は足元をすくわれる

嘘をつく人は、ついた嘘の内容を覚えていない。あとからそこを突かれ、足元をすくわれます。

団野村 の経歴

団野村、だん・のむら。日本のプロスポーツ代理人。大阪出身。カリフォルニア州立理工大学卒業後、ヤクルトスワローズにテスト生として入団(内野手)。その後、テレビで野球解説者を経て渡米し交渉代理人として活動を始める。野茂 英雄、マック鈴木、伊良部 秀輝、中村 紀洋、ダルビッシュ 有ほか多数の日本人選手のメジャーリーグ移籍の交渉代理人を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

少しの悲しみもない純粋な幸福なんて、めったにあるものではない。

実際に戦争を体験した我々は、その悲惨さを語り継ぎ、いのちの尊さを次の世代に伝えなくてはなりません。

人跡未踏の地を開拓していくのがグーグルですから、多くのファンクション(部門)でリスクがともなうのは当然です。しかし、ぶつかって失敗したとしても、失敗から学ぶことはあります。

「どうせムダだ」という思いは言葉の端々からにじみ出て、相手に伝わる。裏を返せば、「お客の困りごとの解決のお手伝いがしたい」という気持ちを本気で宿していれば、それも必ず伝わる。

もちろんディズニーの理念や現場で守るべきルールは教育します。しかし、基本以外は、すべて現場の先輩から学んでもらいます。サービスの質は、最終的に「人間力」が左右します。だからマニュアルよりも人から学ぶ必要があります。

イノベーションには、これまで成果をあげていたものを捨てていく面があるので、そういう意味で、どうしても痛みを伴いますが、発展を続けたければ、どこかで、そういう外科手術をしなければいけない。

リアルな世界では状況が違えば、ふさわしい答えも違う。その都度、自分の頭で考えて正解を作っていくしかない。

「率先型」の管理職の場合、サッカーの監督が自らボールを蹴ってエキサイトしているような状況になり、肝心の社員がついてこなくなる。業績を高めるために全力を尽くすといった「士気」が高まらない。加えて企業が向かうべき方向性が不明確になるため、企業が成長するうえで阻害要因となる。

日本のメーカーがアジア市場で苦戦する理由は2つあると思います。まずひとつは、日本のものを向こうに持っていこうとしていること。日本企業は、日本で売れたものをどうやって新興国向けにローカライズするのかという発想なんです。もうひとつは、現地で戦っている日本人が本気でコミットしていないこと。いま1か月のうち3週間はアジアに行っていますが、本気で市場をつくろうとしている日本人にはほとんど会ったことがない。

部外者と組織の中の人間が出会うことで、化学反応が起きる。

ずるをしない人は、困難な状況でも課題に正面から取り組む。そして着実に成長していきます。

時代のキーワードがどうなるのか。見つけ出すにはトライ・アンド・エラーしかない。社員にも「とりあえずやってみよう」と伝えています。

兵法の智恵は、とりわけ稽古と実戦では違う。戦場では、万事あわただしいときであっても、兵法の道理を極め平静な心が保てるよう、よくよく吟味しなければならない。

ページの先頭へ