ニーチェの名言|自分と他人のよい面だけを記憶することの大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

人の上に立つ者は、個人のありとあらゆる美点をこころに書き留め、それ以外のことは消すという親切な記憶を身につけるといい。自分自身についても同様でありたい。


ニーチェ の経歴

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ。ドイツの哲学者。プロイセン王国領プロヴィンツ・ザクセン出身。音楽と国語の優れた才能を認められてドイツ屈指の名門校プフォルター学院に特待生として入学。卒業後ボン大学、ライプツィヒ大学で学ぶ。その後、バーゼル大学で教授を務めた。大学を退職したのち、在野の哲学者として執筆活動に没頭し、多くの著作を残した。主な著書に『ツァラトゥストラはかく語りき』『悲劇の誕生』『反時代的考察』『人間的な、あまりにも人間的な』『曙光』『悦ばしき知識』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

三人で受け持ちの工程を一人抜いて私が入る。ちょっと工夫すれば二人でもできる。なるほどと連中が納得したところで、二人でやらせる。不平の連中は仕事から外して遊ばせておく。人数は減っても仕事が楽になるから、真面目な連中は喜んで協力する。
【覚書き:三井鉱山大牟田コークス製造工場の人員整理に取り掛かった時を振り返っての発言】

情報の収集は重要です。情報がない状態で目標を定めると、たいがい的外れのものになってしまいます。間違った情報をうのみにすると、場合によってはひどい無駄が発生することもあります。集めなければならない情報は5つあります。(1)お客の情報(2)競争相手の情報(3)社内の情報(4)仕入れ先の情報(5)経済環境の情報

企業の規模にかかわりなく、正しい社内文化を確立しなければ成功はおぼつかない。

私は「真のリーダーとは、できる人ではなく、伸ばす人」と言ってきました。後輩のわからない、できない状況に目を向け、そこからわかった、できた状況へと伸ばしてあげる。そうした意識を持つことは、真のリーダーシップを身につけるために大切な要素といえます。

私は失敗を気にせず好きなことをどんどんやれと言っています。本来ならば失敗はあってはいけないことです。しかし、新しい技術に挑戦していくうえで、失敗は当たり前なんです。

褒め言葉にはちょっとしたコツがある。それは強調するという作戦だ。比較する対象を持ち出して、相手を褒めてあげればいいのである。

会社の中であなたが一番高い給料をもらっているのですから、社長、あなたの時間は単位当たり、一時間当たりで会社にとって一番高いのです。ですからその高価な時間を、一番効率よく使ってもらわなければならない。

ページの先頭へ