毛利衛の名言|自社の得意分野に自信を持つことの大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

企業は胸を張って、それぞれの得意分野、自社の技術のこれはすごいというところをもっとアピールすればいいと思います。日本の技術レベルは圧倒的に高いのですから、自信を持っていいのです。


毛利衛 の経歴

毛利衛、もうり・まもる。日本の宇宙飛行士、化学者。専門は真空表面科学、核融合炉壁材料、宇宙実験。北海道出身。北海道大学理学部化学科卒、北海道大学大学院理学研究科化学専攻修士号取得、南オーストラリア州立フリンダース大学大学院理学研究科化学専攻で修士号と博士号を取得。北海道大学工学部講師・助教授、財団法人日本宇宙少年団団長などを務めたのち、スペースシャトル「エンデバー」で宇宙に行く。帰還後は宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙環境利用システム本部有人宇宙活動推進室長、日本科学未来館館長、東京工業大学大学院総合理工学研究科連携教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

何の取り得もなくても、振り切ってチャレンジすれば成果を納めることができる。

脳に伝わるメッセージは、その人が本当に得たいことが伝わってくる。良い情報を得る準備をしていなければ脳に伝わりにくい性質を持っている。

全従業員に対して、1日2000ドルまでの決裁権を与えています。お客様のリクエストやトラブルに瞬時に判断を下す必要があるからです。ご宿泊のお客様がお誕生日であることを知った従業員がシャンパンにカードを添えてお持ちする。こうしたことを、上司の判断を仰ぐことなく、実行する権限が与えられています。

実は私は、ものすごくあがり症で、講演前など毎回緊張します。ひどく緊張したときは、手足、唇がしびれます。そういうときは、あえて胸を張るようにします。おどおどしているから、ゆっくり話す。気持ちが焦っているから、優雅に優雅に歩く。あがり症なので、緊張したままでいくと、動作も言葉も鳥みたいに早くなってしまう。だから、緊張を抑えるために、いつも逆の行動をとるように心がけています。

本当にやりたいことがある人、やることがとても大切だと信じている人、そして、やれるだけのエネルギーがある人にとって、(仕事と生活の)インバランス、つまりバランスが取れていない緊張感も非常に大事です。過労死しろとか、家庭をないがしろにしろと言っているのではないですよ。ただ、バランスを優先するとジャンプしにくくなる。バランス自体がある種、ボトルネックになる側面もあります。

私自身は、実は社長の椅子には全く固執していなくて、5年後には退くつもりでいます。無責任に聞こえるかもしれませんが、その間に、当社が次世代も生き残れるような会社になるべく「大工事」をしたいと考えています。

日本の経験を海外に持ち込むだけでなく、海外のやり方を受け入れて一体となって新しい価値を創造していく。そんな「知恵の還流」が起きるようにすることこそ、真の現地化。

ページの先頭へ