毛利衛の名言|自社の得意分野に自信を持つことの大切さ

企業は胸を張って、それぞれの得意分野、自社の技術のこれはすごいというところをもっとアピールすればいいと思います。日本の技術レベルは圧倒的に高いのですから、自信を持っていいのです。

毛利衛 の経歴

毛利衛、もうり・まもる。日本の宇宙飛行士、化学者。専門は真空表面科学、核融合炉壁材料、宇宙実験。北海道出身。北海道大学理学部化学科卒、北海道大学大学院理学研究科化学専攻修士号取得、南オーストラリア州立フリンダース大学大学院理学研究科化学専攻で修士号と博士号を取得。北海道大学工学部講師・助教授、財団法人日本宇宙少年団団長などを務めたのち、スペースシャトル「エンデバー」で宇宙に行く。帰還後は宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙環境利用システム本部有人宇宙活動推進室長、日本科学未来館館長、東京工業大学大学院総合理工学研究科連携教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

戦後、安定した仕組みにおぶさって生きてきた人間が多すぎた。その中ではマニュアル通りにすればやってこられた。それが崩れている。システムが決め打ちしていた世界と違うものに変わり、ここ20年近くいままでのノウハウの賞味期限がどんどん切れている。言葉を換えれば、マニュアルが終わった時代という言い方もできる。

普段着はもっぱら格安の量販店で買っています。ブランド品には興味なく、見栄ではなく自分の価値判断でお金を使うようにしています。

金儲けも結構だが、この辺でひとつ世の中のためになるようなことをやっておいたらどうですか。
【覚え書き|山種証券創業者・山崎種二への言葉】

どのように善行をしても、自分でそれをよくしたと考えたり、人にも優れていると誇る心を起こしたりするならば、天魔の家来にも等しい者となって、少しの利益もないのみならず、罪深きこととなって、悪業をする結果ともなるのである。

仕事の密度を濃くするには、思考と作業を分けることが重要です。あれこれ思考しながら、自分の作業を進めるとどちらにも集中できず、生産性が落ちてしまいます。思考と作業は分けましょう。

契約とはひとつの達成であると同時に、喪失でもあります。これまで育ててきた見込み客が一人減ることを意味するからです。一抹の寂しさもありますし、「またゼロからスタートか」と思うと気が重くなるものです。そこで再び、関係継続がテーマとなります。今度はご契約いただいたお客様をフォローすることが必要となるのです。

世の中、自分の側の事ばっかり言ってたらダメ。人の話を聞く事で、突破口を開く。そういうメリットって常にあるんです。まず相手が何を求めているか知ってから、自分の主張を行う。

何が何でも勝つという、勝ちにこだわる執念深さがあるかないかで結果には大きな差が出る。

独立直後は収入が不安定。ですから、人件費やオフィス・店舗の家賃といった固定費はできるだけ切り詰めるのが基本。

私は、読み終えたらいったん本を閉じ、そこに何が書いてあったかを頭の中で思い出して、それらが自分の生活や人生にどのように反映させられるかを考えるようにしています。

ページの先頭へ