毛利衛の名言|自社の得意分野に自信を持つことの大切さ

企業は胸を張って、それぞれの得意分野、自社の技術のこれはすごいというところをもっとアピールすればいいと思います。日本の技術レベルは圧倒的に高いのですから、自信を持っていいのです。

毛利衛 の経歴

毛利衛、もうり・まもる。日本の宇宙飛行士、化学者。専門は真空表面科学、核融合炉壁材料、宇宙実験。北海道出身。北海道大学理学部化学科卒、北海道大学大学院理学研究科化学専攻修士号取得、南オーストラリア州立フリンダース大学大学院理学研究科化学専攻で修士号と博士号を取得。北海道大学工学部講師・助教授、財団法人日本宇宙少年団団長などを務めたのち、スペースシャトル「エンデバー」で宇宙に行く。帰還後は宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙環境利用システム本部有人宇宙活動推進室長、日本科学未来館館長、東京工業大学大学院総合理工学研究科連携教授などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

目標を紙に書くときのポイントは、目標が叶った場面を想像しながら書くということです。その方が、目標がより明確で具体的になり、漫然と「こうしたい」と思うよりもずっとやる気が湧いてきます。

三木雄信の名言|目標達成場面をイメージしながら目標を書く


思考を始める時点では、情報はほんの少しでいいんです。そこから思考を始める。すると、なんだかおかしい結論にしかたどり着けない。そこで足りない情報に気づく。その情報をインプットする。また思考する。これを続ければおのずと情報収集と思考の割合は半々になる。

ちきりんの名言|思考を始める時点では、情報はほんの少しでいい


仕事を通じた社会貢献であるとか、自己実現であるとか、会社のレゾンデートル(存在理由)であるとかいった大義を見つけるのはいいことです。けれども最初から高邁な思想を追ってしまうと、どこか上滑りするような気がします。

村上憲郎の名言|最初から高邁な思想を追わないことの大切さ


担当がなく、自分がすべてを動かせるという感覚。それが経営者の前提であり、そうなれば経営センスの出番になる。だから、規模ではない。従業員3人の会社の経営者と、部下が1万人いる工場長、生産部門長がいるとしよう。スケールとしては工場長のほうがはるかに大きいとはいえ、こちらは担当者のスキルで片付く。センスとい意味では、3人の会社の経営のほうが身に付くはずで、全然違う仕事になる。

楠木建の名言|大工場の責任者よりも数人の小さな会社を経営した方が経営センスは身につく


万事は争いと必然に従って生ずることを知らなければならない。

ヘラクレイトスの名言|万事は争いと必然に従って生ずることを知らなければならない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ