毛利衛の名言|もう一段上を目指して経営することの大切さ

経営者の方々には、もう一段上を目指してほしい。今後どんな社会を描き、そのためにはどう貢献して行くのか。単なる利益追求や科学技術の普及にとどまらず、人類社会がより良く健全に発展していくことに寄与してほしいと思います。

毛利衛 の経歴

毛利衛、もうり・まもる。日本の宇宙飛行士、化学者。専門は真空表面科学、核融合炉壁材料、宇宙実験。北海道出身。北海道大学理学部化学科卒、北海道大学大学院理学研究科化学専攻修士号取得、南オーストラリア州立フリンダース大学大学院理学研究科化学専攻で修士号と博士号を取得。北海道大学工学部講師・助教授、財団法人日本宇宙少年団団長などを務めたのち、スペースシャトル「エンデバー」で宇宙に行く。帰還後は宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙環境利用システム本部有人宇宙活動推進室長、日本科学未来館館長、東京工業大学大学院総合理工学研究科連携教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

一人一人の企業人がもつ哲学、理念、使命感を思い切って人間の生きる価値をより豊かに創造するために具体化してゆくことこそビジネス。

組織編成は企業の側の都合で決めてはいけない。顧客の側から価値創造であるような組織編成に変えるべきだ。

本音を知りたいときに、個人の性格やコンプレックスは関係ありません。むしろ聞き方に問題がある場合が多いんです。質問の仕方を変えるだけで、驚くほど相手の回答が変わってきますよ。

昼は劇団の稽古で、夜は工事現場で肉体労働。キツかったなぁ。でもキツかったから、先々のことを考えて不安にならずに済んで、かえってよかったのかもしれない。

人生のあらゆる場面で、自分自身が取捨選択する必要はないんです。悩む前に行動する。悩むことで発生するエネルギーを無駄使いしてはいけない。人の誘いにひょいっと乗ってみるのも一つの手。

システムをつくるのは簡単だけど、動かすのはまた別の話ですよ。システムは道具にすぎません。コンピュータ・ネットワークなんて、使う人たちの心が一体でなければ役に立ちません。どんな立派なシステムがあっても、問題になるのは人。協力者の心をつかまなければ意味がありません。

「グローバル人材」の育成が大事と言われますが、それは英語教育のことではありません。日本の歴史、伝統、文化を教育することで、海外に行っても自分の意見を話すことができるようになるのです。

社長になってから何をしようか考えるのでは遅い。

例えばロシア語は、謙譲語が意外なほど充実している。人に何かを頼む場合も、直球ではなく、相手に断る余地を与えるような頼み方をすることが多い。そんな現地語の基礎知識が頭にあれば、英語でやりとりする際も、相手を不快にさせることなく、コミュニケーションを取ることができる。

厚い自己資本があるからこそ、将来に向けた研究開発を続けることができる。

業績が悪いという理由だけで事業をやめていれば、今の東芝は存在していない。赤字が長期間続くのであれば事業撤退を検討する必要もありますが、黒字化できる可能性がある限りは、やめる必要はないと思っています。

戦略を変えても、社員たちの「マインド(心)」や「行動」に落とし込まれ実行に至らなければ、改革は進みません。高額のコンサルタントを雇って高等な理屈の改革案を作っても、社員たちの心と行動を突き動かすに至らないケースは、嫌になるほど多いのです。会社がそんな改革案作りに使ったお金は、ドブに捨てたのも同然です。

発想やアイデアはすべて、自分の「原体験」から生まれます。子供から大人になるまでの様々な経験。些細な、つまらないと思えることも含めて、過去の経験の中にこそ「オリジナリティー」「クリエイティビティー」が存在する。

ページの先頭へ