毛利衛の名言|科学リテラシーが低いのは子供ではなく大人

このエントリーをはてなブックマークに追加

日々新しい技術が生み出されていますが、それを受け入れるのは子供たち新しい世代です。彼らの方が我々よりよほど進化しています。実際、科学リテラシーが低いのは子供たちではなく、むしろ大人の方です。


毛利衛 の経歴

毛利衛、もうり・まもる。日本の宇宙飛行士、化学者。専門は真空表面科学、核融合炉壁材料、宇宙実験。北海道出身。北海道大学理学部化学科卒、北海道大学大学院理学研究科化学専攻修士号取得、南オーストラリア州立フリンダース大学大学院理学研究科化学専攻で修士号と博士号を取得。北海道大学工学部講師・助教授、財団法人日本宇宙少年団団長などを務めたのち、スペースシャトル「エンデバー」で宇宙に行く。帰還後は宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙環境利用システム本部有人宇宙活動推進室長、日本科学未来館館長、東京工業大学大学院総合理工学研究科連携教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「このまま管理職になれる」と勘違いしている人が多い。今後、その考えは通用しません。評価が平均よりも低い。周囲よりも昇級が遅い。そうしたシグナルは早くから出ているはずです。それに気がつかないフリをせず、一日も早く仕事のやり方を改善し、評価アップを図りましょう。

社長のところに日々集まってくる情報だけでは、十分とはいえません。市場の変化の兆し、まだ顕在化していない社内の課題など、本当に必要な情報は、社長へのレポートにまとめる時点でかなり落とされてしまっているからです。それらを補うには、自ら社員の言葉に耳を傾けるしかありません。私が時間を見つけては現場に顔を出すのはそのためです。

質問力を高めるには、人との対話が一番の近道。話しやすい人とばかり話していても聞く力は育ちません。苦手だなと思う人や状況こそ、聞き方の腕を上げるチャンスですよ。

多くの人がフォーカスできないのは、捨てることが怖いからなのです。その恐れを克服するには、絞り込んで努力することを心の底から納得する必要があります。だから対象への情熱の有無は、とても大切なことです。

30代は「才」、40代は「徳」を学ぶ時期。才とは仕事に直結するスキル。徳とは人間的魅力、自己修養のこと。

僕らはどんな仕事も、心配よりもやりたいという動機を大事に動いてきた。

失敗から得た教訓が、斬新な製品を今なお世に送り出し続ける、カシオの強さの根幹になっている。

留学で経験を積んだ学生たちはやはりたくましいですよ。今後はそういう学生たちを多く育てていきたい。

世の中に貢献するサービスをしっかりつくること、その結果として弊社が儲かること。そういう順番です。

物事はすべて立体で、四次元で表さないと本質というのはわからない。一枚の絵を見たときに、その絵の奥行きはもちろん、その世界の空気や温度や時代背景までも観察する。

ページの先頭へ