毛利衛の名言|科学リテラシーが低いのは子供ではなく大人

このエントリーをはてなブックマークに追加

日々新しい技術が生み出されていますが、それを受け入れるのは子供たち新しい世代です。彼らの方が我々よりよほど進化しています。実際、科学リテラシーが低いのは子供たちではなく、むしろ大人の方です。


毛利衛 の経歴

毛利衛、もうり・まもる。日本の宇宙飛行士、化学者。専門は真空表面科学、核融合炉壁材料、宇宙実験。北海道出身。北海道大学理学部化学科卒、北海道大学大学院理学研究科化学専攻修士号取得、南オーストラリア州立フリンダース大学大学院理学研究科化学専攻で修士号と博士号を取得。北海道大学工学部講師・助教授、財団法人日本宇宙少年団団長などを務めたのち、スペースシャトル「エンデバー」で宇宙に行く。帰還後は宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙環境利用システム本部有人宇宙活動推進室長、日本科学未来館館長、東京工業大学大学院総合理工学研究科連携教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人間は「節目をしっかりつけること」が大事だ。なにか仕事をする、あるいは失敗する、挫折をする、誰もがそういう経験を幾度もするものだ。だが肝心なことは、その「節目」をしっかり認識し、自覚に立って次のスタートをきることだ。

IT時代になって国境は消えたんです。人も金も全部一番最適で良い場所に向かって動く。

知らないことを知っていると思い込んでいる人々よりは、知らないことを知らないと自覚している自分の方が賢く、知恵の上で少しばかり優っている。

傾聴でよくある失敗は、「君の話はしっかり聴いたよ。では、今度は私の番ね」と、話を聴いた後に言いたいことをストレートに話してしまうケースです。話の内容によっては、反対意見を言ったり、内容を訂正したりする必要も出てくると思いますが、伝え方を工夫する必要がありますね。

建築家は、個人の大切なお金を預かっていますから、1円たりともムダにすることは許されないという重い責任があるけど、緊張し過ぎたり萎縮してしまったりして眉間にシワを寄せていては、いい仕事はできません。仕事は鼻歌交じりで、楽しみながらやらないと。だから、楽天的な性格がいいのね。

重要なのは、オープンな競争の中で、当社製品を採用することによる合理的なメリットを伝えていくことです。

これからの日本は労働人口が減っていきます。それは「働き方改革」のチャンスでもあります。人がいなければ、知恵を出し合って働き方を見直し、生産性を上げるしかない。

ページの先頭へ