毛利衛の名言|「理科離れ」という言葉は大人の責任逃れ

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨今、子供たちの「理科離れ」が問題視されていますが、私はまず理科離れという言葉をやめるべきだと思います。あたかも子供に原因があるように聞こえますが、大人が責任逃れをしているにすぎません。


毛利衛 の経歴

毛利衛、もうり・まもる。日本の宇宙飛行士、化学者。専門は真空表面科学、核融合炉壁材料、宇宙実験。北海道出身。北海道大学理学部化学科卒、北海道大学大学院理学研究科化学専攻修士号取得、南オーストラリア州立フリンダース大学大学院理学研究科化学専攻で修士号と博士号を取得。北海道大学工学部講師・助教授、財団法人日本宇宙少年団団長などを務めたのち、スペースシャトル「エンデバー」で宇宙に行く。帰還後は宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙環境利用システム本部有人宇宙活動推進室長、日本科学未来館館長、東京工業大学大学院総合理工学研究科連携教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

トップの私たちが先に誠意を見せるからこそ、社員たちは納得してくれる。

眠る前に明日やるべきことをイメージする習慣をつけましょう。事前に最悪の事態をシミュレーションし、その精度を上げていけば、落ち込みやパニックなど、自分の感情に振り回されることもなくなり、迅速にトラブル対処できる力が身につきます。

現在、200名の配達員が1人400から450食を積んで配送しています。なかには茶髪やピアスの者もいます。そんな配達員に対しても、お客様は「ありがとう。弁当美味しかったよ」「暑い中ご苦労様。こんなオカズがあるといいんだけどな」といった声をかけてくれます。すると、配達先の隣のオフィスに自ら営業をかけたり、会社に戻ってメニューの改善提案を行うようになります。

「好きこそものの上手なれ」という言葉がありますが、人に仕事を任せるという場合、原則としては、こういう仕事をやりたいと思っている人にその仕事を任せる、ということがいいのではないかと思います。

中東のアブダビに鳥取のスイカをつくる技術を紹介するプレゼンテーションには、スイカをイメージしてもらうために、赤のスーツに黒のドットのネクタイ、緑の靴で臨みました。その格好で皇太子に謁見し、直接スイカをお渡ししたのです。この様子がアブダビのテレビで放映されると、翌日には日本から運んできた鳥取産のスイカが、スーパーで-1個3万円もの値をつけて、即日完売しました。

ジパングは民間企業ですが、国益に資する企業でありたいと願っており、日本の産業界にとって必要な資源は、自分たちで確保していきたいと思います。

大事なのは「私は何が得意なんだ」ということです。「何が好きなんだ」だけでは、企業内で存在する意味がありません。もっとも、得意技は一朝一夕では身につかない。修行と辛抱が必要なことは言うまでもありません。

やってみればわかりますが、40代になれば、仕事を減らすのは決して難しいことではないはずです。なぜなら中堅ともなれば「何をやるべきか」「本当に大事な仕事は何か」がわかってきているはずだからです。さらに効率化にあたってこれまで蓄えてきた知識が活用できます。一日も早く業務を減らして、暇をつくるべきです。

いい代理人かどうかは、選手が決めることです。きれいごと抜きで、選手にとって何が一番かを考えないといけません。

部下の自主性に任せるマネジメントで気をつけなければいけないのは、「君はどう思う?」と問いかけたときに、とんちんかんな意見を述べ、しかもその計画に固執して「暴走」しようとする部下がいることです。明らかに大失敗が見えているようなときは止めればいい。

ページの先頭へ