毛利衛の名言|「理科離れ」という言葉は大人の責任逃れ

昨今、子供たちの「理科離れ」が問題視されていますが、私はまず理科離れという言葉をやめるべきだと思います。あたかも子供に原因があるように聞こえますが、大人が責任逃れをしているにすぎません。

毛利衛 の経歴

毛利衛、もうり・まもる。日本の宇宙飛行士、化学者。専門は真空表面科学、核融合炉壁材料、宇宙実験。北海道出身。北海道大学理学部化学科卒、北海道大学大学院理学研究科化学専攻修士号取得、南オーストラリア州立フリンダース大学大学院理学研究科化学専攻で修士号と博士号を取得。北海道大学工学部講師・助教授、財団法人日本宇宙少年団団長などを務めたのち、スペースシャトル「エンデバー」で宇宙に行く。帰還後は宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙環境利用システム本部有人宇宙活動推進室長、日本科学未来館館長、東京工業大学大学院総合理工学研究科連携教授などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

当社は食器にしても家具にしても、いろいろなものは置いていないのです。例えば家具の専門店に行くと、ベッドでもあまりにたくさん種類があって選びにくいという声もあります。これに対して当社は、生活の基本となる本当に必要なものがほどよく揃っていて、価格のばらつきもなく、同じような価格帯で選びやすい。これが当社の独自性です。

松﨑暁の名言|種類がありすぎると選びにくい


私自身、日本の文化や風土を深く理解しようとしてきましたし、ハイネケン・ジャパン、サンスター、日本コカ・コーラと国内や外資の企業で営業やマーケティングなど様々な分野を経験してきました。それを生かせる「ハイブリッド経営者」でありたいと考えています。

ハロルド・ジョージ・メイの名言|「ハイブリッド経営者」でありたい


5年後、10年後にどんな技術が主流になるのか、常に目配りすることも忘れていません。予測するのは難しいことですが、なるべく早い段階から将来メインとなる技術を見極め、上手く使いこなせるようにすることが重要です。

藤沼彰久の名言|5年後、10年後に主流になる技術を見極めておくことの重要性


国内の運用会社は、我々にとってはライバルでもあり顧客でもあります。と言うのは、国内の運用会社などではあまり運用していない金融商品があるからです。例えば米国が中心のバンクローンなどがそれにあたります。こういった商品は、国内の運用会社では運用が難しいので、運用能力を持つ当社に運用委託するのです。対販売会社という点では国内運用会社は手強いライバルですが、一方で運用商品によっては当社の顧客にもなり得るのです。

佐藤秀樹の名言|国内の運用会社は、ライバルでもあり顧客でもある


興味というものを狭い範囲でとらえてはいけません。たとえいままで自分が興味のなかったことが会話にのぼったとしても、その会話をする相手に興味を持つ。自分と違うからこそ興味を持つという気持ちが大切です。

和田裕美の名言|自分と違う人に興味を持つことの大切さ


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ