毛利衛の名言|科学者の醍醐味

科学者の醍醐味は、「ほかの人が思いつかないようなことを自分がしているのかもしれない」というワクワク感にあります。そして、それが結果として周りの人に評価されると嬉しいのです。

毛利衛 の経歴

毛利衛、もうり・まもる。日本の宇宙飛行士、化学者。専門は真空表面科学、核融合炉壁材料、宇宙実験。北海道出身。北海道大学理学部化学科卒、北海道大学大学院理学研究科化学専攻修士号取得、南オーストラリア州立フリンダース大学大学院理学研究科化学専攻で修士号と博士号を取得。北海道大学工学部講師・助教授、財団法人日本宇宙少年団団長などを務めたのち、スペースシャトル「エンデバー」で宇宙に行く。帰還後は宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙環境利用システム本部有人宇宙活動推進室長、日本科学未来館館長、東京工業大学大学院総合理工学研究科連携教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

伝統は、ひとつ間違えると会社をつぶす。そう実感したのは、マンダムの前身である丹頂に入社して間もない高度成長期の真っただ中でした。会社の即戦力となって自分を試したいと喜び勇んで営業に出ると、自分が描いていた丹頂のイメージと実態とのギャップにショックを受けました。丹頂のイメージは中高年以上には堅実とか老舗という具合に良かったけれど、若者には野暮ったいと映っていたのです。

将として、ひとつのカギになるのは「オーナーシップ」だと思います。いかなるときも会社や組織の問題を我が事として考えることができるか。それをバネとし、創意工夫し、難問を解決し、自分を鍛えていくことができるか。それが、リーダーとしての成長スピードに大きな差を与える。

あらゆる想定をし、備えておけば、何かあっても最善手をすぐに打つことができる。

リクルーターには、仕事に前向きな社員を選びましょう。仕事の愚痴や内部情報を漏らしてしまう事例もあるため、十分トレーニングを積ませた方が良いですね。真面目な学生ほど不用意な一言を真に受けてしまいがちです。

手帳やポストイットなどを仕事とプライベートで使い分けたりはしません。そんなことをすると複雑になって、かえって混乱します。なぜなら、一人の人間の人生は、仕事もプライベートも含めて様々なことを日常処理していかないといけないわけですから、処理という観点では、仕事もプライベートも同格です。となると、スケジュールも公私混同型にする方が断然便利です。

いまの社会は、人生とは何かとか、人間の生きる意味は何かみたいなことを言いすぎる。若い人には、それが強迫観念になっている。何かとそういうことを言う大人が悪いのだ。自分たちだって、生きることと死ぬことの意味なんか絶対にわかってないくせに。天国や地獄が本当にあるのかも、神様がいるのかいないのかも、誰も証明したことがないわけだ。そういう曖昧な状態なのに、生きる意味を探せなんてことを言われたら誰だって迷うに決まっている。

新規事業というネーミングは誤解を招きやすいネーミングです。新規事業というと真っ白なキャンバスに自由に絵を描けるような印象を持つかもしれませんが実際は違います。新規事業の99%は、自社にとって新規でも、すでに市場に既存の業者が存在しています。つまり、新規事業の圧倒的多数は、単なる新規参入に他なりません。

あんな苦しみは、人生でほかにないですね。二度とやりたくない(笑)。あの経験に比べたら、どんなものにも耐えられると思っています。
【覚え書き|ハーバード・ビジネス・スクール留学時代を振り返って】

僕の中では小説はゲームやマンガと同列。よく「読んでおくべき本はありますか?」と質問されますが、そんな本は一冊もありません。読書は勉強じゃない。単純に面白いから読むんです。

仕事をしていれば、ミスやトラブルなどで心が折れそうになることはいくらでもありますが、「次にやることがある」と思えば、すぐに気持ちを立て直すことができます。

ページの先頭へ