毛利衛の名言|科学者の醍醐味

このエントリーをはてなブックマークに追加

科学者の醍醐味は、「ほかの人が思いつかないようなことを自分がしているのかもしれない」というワクワク感にあります。そして、それが結果として周りの人に評価されると嬉しいのです。


毛利衛 の経歴

毛利衛、もうり・まもる。日本の宇宙飛行士、化学者。専門は真空表面科学、核融合炉壁材料、宇宙実験。北海道出身。北海道大学理学部化学科卒、北海道大学大学院理学研究科化学専攻修士号取得、南オーストラリア州立フリンダース大学大学院理学研究科化学専攻で修士号と博士号を取得。北海道大学工学部講師・助教授、財団法人日本宇宙少年団団長などを務めたのち、スペースシャトル「エンデバー」で宇宙に行く。帰還後は宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙環境利用システム本部有人宇宙活動推進室長、日本科学未来館館長、東京工業大学大学院総合理工学研究科連携教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

岡谷鋼機の日誦(にっしょう)五則

一、外を飾らず心を磨くべし
一、分限を知り贅(ぜい)を慎むべし
一、虚を憎み誠を重んずべし
一、働くを楽しみ懶(らん)を羞(しゅう)とすべし
一、責任を知り力を協すべし
【覚え書き|懶=ものぐさ】

日本企業が勝つ秘訣は、ビジネスモデルで先行して現場力勝負に持ち込むこと。

27歳でスカウトされた翌年、木下恵介監督の『善魔』で主役デビューをしました。演技経験ゼロの素人でしたから、撮影は本当に大変でした。当然、NG連発なわけです。が、監督は絶対に妥協しない。納得いくまで何回でも撮りなおすんです。ワンカット撮るのに8000フィートのフィルムを使うという意味で「三國8000」などといわれ、参りましたね。

私が社員のアイデアを評価するときの基準にしているのは、プレゼンテーションをする社員の目つきと姿勢です。自分のアイデアを本気でいいと思っている社員は、まず、目つきが違います。

部下は上司が伝える言葉が具体的なものであるかどうか、絶えず確認しておく必要があります。たとえば、「売上率10%アップを達成しよう」と指示するだけの上司は、言葉が抽象的すぎて問題があります。上司が細かく分析して具体的な指示を出すことで、部下の行動が期待できます。

利己の目線と利他の目線では、同じものを見ても行動が変わります。健常者の目線で見ている景色と障がいのある方の目線で見ている景色は全く違います。人は自分が見えているものを基準に物事を判断します。もし、自分の見ているものが利己的で、相手にそれを言い続けたら、結果は絶対に悪いものになるでしょう。

人は黄金の奴隷になってはいけない。

ページの先頭へ