毛利衛の名言|先生の大切な役割

このエントリーをはてなブックマークに追加

私が理科を好きになったのは、小学5、6年生のときの担任の先生による影響が大きいと思います。学校を出たばかりの先生で、教科書以外の理科実験にも熱心でした。おかげで私は理科が好きになったし、勉強するのも一段と楽しくなりました。


毛利衛 の経歴

毛利衛、もうり・まもる。日本の宇宙飛行士、化学者。専門は真空表面科学、核融合炉壁材料、宇宙実験。北海道出身。北海道大学理学部化学科卒、北海道大学大学院理学研究科化学専攻修士号取得、南オーストラリア州立フリンダース大学大学院理学研究科化学専攻で修士号と博士号を取得。北海道大学工学部講師・助教授、財団法人日本宇宙少年団団長などを務めたのち、スペースシャトル「エンデバー」で宇宙に行く。帰還後は宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙環境利用システム本部有人宇宙活動推進室長、日本科学未来館館長、東京工業大学大学院総合理工学研究科連携教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

環境変化もさまざまで、立場によって異なることもある。互いが見ている「変化の像」を共有してこそ、組織としての環境適応力は向上する。そのため、まず経営陣が現場へどんどん出向き、現場での変化を肌感覚で知ること。あわせて現場のメンバーに経営レベルで注視している環境変化を伝えること。こうしたコミュニケーションの粘り強い繰り返しが重要。

歴史には、一人の人間の栄光から挫折まで、「線」の情報が詰まっている。「なぜそんな決断ができたのか」「逆転の発想はどう生まれたのか」など、線を追うことで見えてくるものがある。それこそが、歴史を学ぶ醍醐味。

ピンチに立たされた時こそ「割り切りの良さ」がピンチをチャンスに変える。

プレゼンで使うグラフは複数項目ではなく、ひとつに絞って載せるべきです。たとえば、日産の利益推移の数字をグラフで示す場合、私なら、あくまで利益額が大きくV字回復しているグラフだけを大きく載せます。しかし、グラフは見栄えがいいため、多くの人はついつい他の売上高や当期純利益も一緒に載せてしまうのです。

女性社員の活躍が鍵。女性ならではの視点や、出産や育児といったライフイベントから得られる生活実感を開発に生かし、新たなサービスを創り出すことが重要。女性社員本人の成長が促され、重要な戦力となることが業績につながる。

「なぜ、この仕事をやるのか」が明確になれば、より良い方法が見えてきたり、そもそも「やらなくていい」と気づくことも結構ある。

とるべき戦略は、立ち位置や目線で変わってきます。国内だけを市場とするのか、アジアに向けて目を開くのか、それとも世界で勝負してくのか。

人との関係においては、積極的なアプローチをするとむしろ相手は逃げてしまうのではないでしょうか。自然体でいれば、いずれ「時」が来るものです。

ダシを抽出する工程を無人化できたから我々のような零細企業でも勝つことができた。

失敗だけが人間の筋力をつくります。精神力を付けて人間の幅を広げていく。人間の器を大きくする。成功ではなく失敗が器を大きくする。

ページの先頭へ