毛利衛の名言|先生の大切な役割

このエントリーをはてなブックマークに追加

私が理科を好きになったのは、小学5、6年生のときの担任の先生による影響が大きいと思います。学校を出たばかりの先生で、教科書以外の理科実験にも熱心でした。おかげで私は理科が好きになったし、勉強するのも一段と楽しくなりました。


毛利衛 の経歴

毛利衛、もうり・まもる。日本の宇宙飛行士、化学者。専門は真空表面科学、核融合炉壁材料、宇宙実験。北海道出身。北海道大学理学部化学科卒、北海道大学大学院理学研究科化学専攻修士号取得、南オーストラリア州立フリンダース大学大学院理学研究科化学専攻で修士号と博士号を取得。北海道大学工学部講師・助教授、財団法人日本宇宙少年団団長などを務めたのち、スペースシャトル「エンデバー」で宇宙に行く。帰還後は宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙環境利用システム本部有人宇宙活動推進室長、日本科学未来館館長、東京工業大学大学院総合理工学研究科連携教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

社会の仕組みはそう簡単には変わらない。多くの人が勤め人なのは、企業の中で働いていたほうが、有利なことがたくさんあるからだ。「自分なら成功できる」といった甘い考えは捨てるべきだ。

ソニー・インディアの好調を支えるのは、先進国であれば当たり前に思える地道な努力です。しかし、インドではそれを実行するのが簡単ではありません。

誰も分からない未来の話を言い出したらきりがない。

未来を想像して不安になるよりも今が大切。今をつくることが一秒先の未来を確かなものにする。

感じの良い笑顔や心地良い時間を周囲の人々に与える。それが周りから与えていただくことに繋がっていく。

大事なのは目的をはっきりさせること。目的が明確になれば、捨てていいものが見えてくる。

我々は、顧客がこれまで学んできたものや投資してきたものと互換性があり、しかも使い方が極めて単純なものを提供することが大事だと考えている。

ページの先頭へ